スポンサードリンク

【Java】配列とは?

同ジャンルのデータをたくさん取り扱うときは、一つ一つ変数を作成するより、配列を作成したほうがコンパクトになります。

ここではJavaの配列について説明します。

1.配列とは?

配列とは、変数の集合です。

イメージとしては、大きな箱(変数)を区切ったもので、その一つ一つにデータを代入できます。

以下の画像では5つの区画を持っているので、5つのデータを代入できます(5つの変数の集合とも考えられます)。

配列のイメージ図

2.配列のメリット

変数を一つ作成した場合、その変数には一つのデータしか代入できません。しかし配列だと、一つの変数にもかかわらずいくつものデータを代入できます。

例えば、ジャニーズ 嵐のメンバー名をJavaで利用するとき、以下のようにString型の5つの変数が必要になります。

String arashi1 = "大野智";
String arashi2 = "二宮和也";
String arashi3 = "相葉雅紀";
String arashi4 = "松本潤";
String arashi5 = "櫻井翔";

しかし配列を用いると、以下のように一つの変数(String型の配列)にすることができ、コンパクトになります。

String[] arashi = new String[]{"大野智", "二宮和也", "相葉雅紀", "松本潤", "櫻井翔"};

配列への代入例

まだ配列に慣れていないので「そんな不慣れなものより、一つ一つ変数を作ってメンバーを書いたほうが楽じゃね?」と思いますが、AKB48だとどうでしょう?

AKB48のメンバー全員分の変数を準備するより、配列を1つ作り、その配列にメンバーを入れるほうが遥かにコンパクトになります。

3.配列の宣言方法

配列は以下のように宣言します。

データ型[] 配列名 = new データ型名[]{ここに配列に代入するデータ};

「1から9」の数値データを扱う配列を作成する場合、int型なので以下のように宣言

int[] suuji = new int[]{1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};

「あ」「い」「う」「え」「お」の文字データを扱う配列を作成する場合、char型なので以下のように宣言

char[] aiueo = new char[]{'あ', 'い', 'う', 'え', 'お'};
※char型のデータはシングルクォーテーションで囲む!

嵐メンバーすなわち文字列データを扱う配列を作成する場合、String型なので以下のように宣言

String[] arashi = new String[]{"大野智", "二宮和也", "相葉雅紀", "松本潤", "櫻井翔"};
※String型のデータはダブルクォーテーションで囲む!

4.配列の取り出し方

配列に代入したデータは、当然取り出して利用しなければなりません。

しかし取り出し方は至って簡単です。以下のようにするだけです。

配列名[数字]

では、上で作成した嵐のメンバー配列から「大野智」を呼び出してみましょう。

arashi[0]

これだけです。これはarashiという配列の中から0番目のデータを取り出すものです。

【ポイント】
配列は「1つめ、2つめ、・・・」ではなく「0つめ、1つめ、・・・」というように0から数えます。
コンピューターの世界では1から数えるのではなく、0から数えるのが基本となっています。

では、理解度を高めるため、次は「松本潤」を取り出してみます。

arashi[3]

5.配列へのデータの代入

上では、配列宣言と同時にデータを代入しましたが、最初に配列を宣言し、そのあとにデータを代入することもできます。

では、嵐のメンバー配列を例にします。まず、配列を宣言します。

String[] arashi = new String[4];

4」というのは、arashi配列には5つデータを入れますよ!という意味です(0から数えるので)。

では、次にデータを代入してみましょう。代入は以下のようにします。

arashi[0] = "大野智";
arashi[1] = "二宮和也";
arashi[2] = "相葉雅紀";
arashi[3] = "松本潤";
arashi[4] = "櫻井翔";

これで5人の嵐メンバーを持ったarashi配列が出来上がりました。

6.配列あれこれ

配列の作り方は上で説明したように

データ型[] 配列名 = new データ型名[]{ここにデータ};

ですが、このような方法でもOKです。

データ型 配列名[] = new データ型名[]{ここにデータ};

つまり、データ型の直後ではなく、配列名(変数名)の後ろに「[]」をつけても成り立ちます。

また、先に配列名を宣言し、後から配列の個数を指定してもOKです。

String[] akb48;
akb48 = new String[48];

コメント

1:名無しさん:2017/07/08 15:19:31

String[] arashi = new String[5];にしないと5人メンバーがいることになりませんよね? 

2:名無しさん:2019/12/31 18:54:42

String[] arashi = new String[4];
これは[0]から[3]の4個要素を作るという意味です
([0],[1],[2],[3])
arashi[0] = "大野智";
arashi[1] = "二宮和也";
arashi[2] = "相葉雅紀";
arashi[3] = "松本潤";
//範囲外arashi[4] = "櫻井翔";

初学者の方はお気をつけて。
例えば、10個格納する箱をつくりたかったら
int array[] = new int[10];
こうすると
array[0] ~ array[9] の10個の要素が確保される

3:名無しさん:2020/01/27 3:43:40

すごく簡潔でわかりやすいです。ありがとうございます。

4:バッグ,財布&小物専門店:2020/07/17 23:51:49

【期間限定】WEBでも店頭でも! すぐさま『Bell&Ross by SINN』という形で時計製作が始まると、1991年には世界のマーケットを視野に入れた時計作りへと急展開を見せていきます。
それが理由で時計メーカーを設立する際に、Sinnの社長である『ヘルムート・ジン』にアドバイスを受けるため、遥々ドイツまで出向いていったといわれています。
他の高級時計ブランドの多くが100年以上の歴史を誇る中、たった20数年の歴史しかないベル&ロスがトントン拍子で現在の地位まで上り詰めたのは、ある意味奇跡なのかもしれません。
実は、ベル&ロスの腕時計は、他の高級腕時計に比べて買取が難しいと言われることもあるのです。
日本においても当然、買取価格は他のものに比べても、大きく期待できるものになっています。
【運命の本格時計を探せ! ロレックスとベル&ロスを比較することは普通はないと思いますが、同じような価格帯にあるモデルもありますから、人によっては迷う可能性もあるかもですね。
ベル&ロスが掲げる4つの基本原理とは「視認性」「機能性」「信頼性」「高精度」のこと。
ベル&ロス自体が「航空機の計器」をイメージし、視認性を重視していることからもシンプルで視認性の高いデザインを持つことになりますが、「精巧さ」が重視される腕時計業界において、この潔さが新鮮に映り、多くのコピーが登場したほど。
このような伝統と権威を持つベル&ロスの腕時計は、世界的にも多くのファンを魅了しており、その市場価値も下がることを知りません。
世界のファッション業界を先導し続けているフランス。
ベルロスは一時期、芸能界の人間が多く付けていた流行りもので、今現在ベルロスを付けてる芸能関係者は寧ろ、少ないです。
当時からともに時計収集が趣味という若者だったが、学校卒業後はカルロスは銀行員、ブルーノはアートの分野で活躍していたという。
今や腕時計自体は正確な時刻を知る道具ではなくなり、ファッションアイテムとなっているわけですから、ベル&ロスを選択すること自体は健全で、むしろリセールまで考えてロレックスを選ぶのは不健全な気もします。

バッグ,財布&小物専門店 https://www.yutooz.com/protype/list-196.html

コメントフォーム
お名前
コメント