スポンサードリンク

【Java】変数への代入あれこれ

これまで変数宣言で変数を宣言し、初期値を代入するなどの学習をしてきましたが、ここでは変数へのデータの代入を詳しく説明したいと思います。

1.変数には何度も代入できる

変数へのデータの代入は一度だけでなく、何度も代入することができます。

では確認のために「Lesson005.java」というファイルを作成し、以下のJavaプログラムを入力・保存してください。

public class Lesson005{
    public static void main(String args[]){
	//int型の変数「i」を宣言
	int i;
	//変数iに100を代入
	i = 100;
	//このときの変数iを出力
	System.out.println(i);
	//以下、変数「i」に何度もデータを代入します
	i = 50;
	i = 25;
	System.out.println(i);
	i = 10;
	i = 2000;
	System.out.println(i);
    }
}

そして以下のように「javac Lesson005.java」でコンパイルし、「java Lesson005」で実行してください。

C:\Users\ysk\Desktop\java>javac Lesson005.java

C:\Users\ysk\Desktop\java>java Lesson005
100
25
2000

結果を見てわかるように、変数にはデータを何度も代入できることがわかります。

また、変数を出力する際は、そのときに変数が持っているデータが出力されることがわかります。

2.変数に変数を代入できる

同じデータ型であれば、変数に変数を代入できます。

では確認のために「Lesson006.java」というファイルを作成し、以下のJavaプログラムを入力・保存してください。

public class Lesson006{
    public static void main(String args[]){
	//int型の変数「i」と「j」を宣言
	int i;
	int j;
	//iに100を代入
	i = 100;
	//jにiを代入
	j = i;
	//変数jを出力
	System.out.println(j);
    }
}

そして以下のように「javac Lesson006.java」でコンパイルし、「java Lesson006」で実行してください。

C:\Users\ysk\Desktop\java>javac Lesson006.java

C:\Users\ysk\Desktop\java>java Lesson006
100

このように、Javaプログラムでは、変数に変数を代入できることがわかります。

3.変数には計算後のデータも代入できる

変数は、値を代入するだけでなく、値を計算した後のデータも代入できます。

では確認のために「Lesson007.java」というファイルを作成し、以下のJavaプログラムを入力・保存してください。

public class Lesson007{
    public static void main(String args[]){
	//int型の変数「i」と「j」を宣言
	int i;
	int j;
	//iに2×2を代入(「*」は掛け算の記号)
	i = 2*2;
	//jにi×iを代入
	j = i*i;
	//変数jを出力
	System.out.println(j);
    }
}

そして「javac Lesson007.java」でコンパイルし、「java Lesson007」で実行します。

C:\Users\ysk\Desktop\java>javac Lesson007.java

C:\Users\ysk\Desktop\java>java Lesson007
16

上記を説明しますと、まず変数「i」に2×2の結果すなわち「4」を代入する。次に変数「j」に、i×iすなわち4×4つまり「16」を代入する。そのため、「16」が出力されます。

このように変数には、計算後のデータを代入できます。

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント