スポンサードリンク

【Java】条件式で使う演算子

プログラミングで必ずと言っていいほど使われる「if」や「while」、「for」での条件判定で使用される演算子の説明です。

1.比較演算子

読んで字のごとく、右辺と左辺の値を比較する演算子です。結果は「true」か「false」のいずれかです。

i == j; ← iはjと等しい

i != j; ← iはjと等しくない

i > j; ← iはjより大きい

i >= j; ← iはj以上

i < j; ← iはjより小さい

i <= j; ← iはj以下

2.論理演算子

複数の条件を組み合わせることができる演算子です。

  • &&(論理積)
    「条件1 && 条件2」 ← 条件1と条件2が両方とも「true」だったら「true」、それ以外は「false」
  • ||(論理和)
    「条件1 || 条件2」 ← 条件1と条件2のいずれか、もしくは両方とも「true」だったら「true」、それ以外は「false」
  • !(否定)
    「!条件」 ← 「!」は条件をひっくり返す演算子。条件が「true」だったら「false」に、「false」だったら「true」にする

論理積「&&」と論理和「||」について

以下は変数「i」が5以上かつ9より小さい条件を表しています。

( i >= 5 ) && ( i < 9 )

また、「&&」を「||」に変えると、変数「i」が5以上または9より小さい条件を表しています。

( i >= 5 ) || ( i < 9 )

なお、条件式の演算子は「if」や「while」、「for」構文の中で使用しないことにはその意味が捉えくいので、それらの構文が出てきた時に再度説明します。

否定「!」について

否定は、~じゃなければ「true」というように真偽判定をひっくり返すのに利用します。

!(i == 3);

上は、変数「i」が3じゃなければ「true」という意味になります。

なお、以下は同じ意味になります。

i != 3;
!(i == 3);

3.条件演算子

条件演算子は、条件式の結果により式1か式2のどちらかを実行する演算子です。

条件式 ? 式1 : 式2;

例えば、次用に使います。

int i = 7;
boolean b;
( i <10 ) ? b = true : b = false;

System.out.println(b);

コメント

1:ブランド スーパーコピー 安全:2021/04/09 19:50:03

ヴィトンでも変わったデザインで気に入っています。 品質も良品で、喜んでいます。 イニシャルも一緒なので、縁を感じて購入しました。
質問等の対応も非常によく、安心して購入できました。
梱包も丁寧で、お店の品位が伺えて、非常に満足しております。
ブランド スーパーコピー 安全 https://www.88kopi.com/product/product-3893.html

コメントフォーム
お名前
コメント