【WordPress】エックスサーバーに移転(引越し)する方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: WordPress

先日、ロリポップ(ロリポプラン)で運営していたWordPressサイトに事前警告もなくいきなり速度制限をかけられ「404エラーが連発する状況」に追い込まれました。

とてもサイトが閲覧できる状況じゃなかったので急遽エックスサーバーにWordPressサイトを移転(引越し)させました。

ここではそのときの方法をメモしておきたいと思います。

1.「WP Super Cache」の停止

理由は後述しますが、WordPressの移転を開始する前にキャッシュプラグインである「WP Super Cache」の停止を行ってください(移転が完了した時に再度有効化します)。

なお、「WP Super Cache」を使っていない場合はここはスルーでOKです。

2.データベース(MySQL)のエクスポート

現在WordPressサイトを運営しているサーバーにあるデータベースをパソコン内にエクスポートしてください。

その方法は、次の記事を参考にしてください。

なお、上はロリポップとさくらインターネットでの方法ですが、他のサーバーでも同様な方法でエクスポートできます(さくらインターネットでの方法を見てください)。

3.「WordPress本体データ」のダウンロード

「WordPress本体データ」をパソコン内にダウンロードしてください。

なお、「WordPressの本体データ」とは以下の画像にあるファイルたちのことです

WordPressの本体データの一覧

ダウンロードする方法は、次の2通りがあると思います。

  • 「WordPress本体データ」を丸ごと圧縮保存してダウンロード
  • FFFTPなどを使用して「WordPressの本体データ」を少しずつダウンロード

なお、FFFTPの方法では一度にすべてのファイルをダウンロードしようとすると、途中でダウンロードが失敗するので、複数回に分けてダウンロードしてください。

4.エックスサーバーにデータベースをインポートする

次に、エックスサーバーのデータベースサーバー(phpMyAdmin)に先ほどエクスポートしたMySQLをインポートします。

その方法は【WordPress】データベースをインポートする方法 in エックスサーバーを参考にしてください。

5.エックスサーバーに「WordPress本体データ」をアップロードする

先ほどダウンロードした「WordPress本体データ」を、エックスサーバーにアップロードします。

アップロードする場所は、該当ドメインの「public_html」ディレクトリです。以下に詳細を記述します。

ドメインの追加

エックスサーバーに移転したいWordPressサイトのドメインを「○○○.com」とします。ではこれをエックスサーバーに登録しましょう。

エックスサーバーの管理画面(インフォパネル)にログイン→サーバーパネルにログインし

エックスサーバー サーバーパネルにログイン

「ドメイン設定」をクリックしてください。

エックスサーバー ドメイン設定

「ドメインの追加設定」をクリックすると、以下のような画面になるので、移転させるドメインを入力して「ドメインの追加」を行ってください。

エックスサーバー ドメインの追加設定

WordPress本体データのアップロード

ド メインを追加したことで、エックスサーバーのサーバー内に「○○○.com」というフォルダ(ディレクトリ)ができます。

その中に 「public_html」というディレクトリがありますので、ここにパソコン内にダウンロードしたWordPress本体データをすべてアップロードします。

なお、最初は以下の画像のように3つのファイルがありますので、この3つのファイル「.htaccess」「default_page.png」「index.html」は削除してください。

エックスサーバー public_html

6.「wp-config.php」ファイルの編集

WordPress本体データのファイルである「wp-config.php」を編集します。

このファイルは、データベースとのやりとりに関する情報が記載されており、移転元サーバのデータベース情報からエックスサーバーでのデータベース情報に変更します。

では、エックスサーバーのファイルマネージャにログインしてください。

エックスサーバー ファイルマネージャーにログイン

そして該当ドメインのフォルダをクリック→「public_html」フォルダをクリックすると、以下の画像の画面にいきますので、「wp-config.php」ファイルを探し、その横にチェックを入れます。

エックスサーバ wp-config.php

そして画面右上にある「編集」をクリックし、編集画面にいきます。

エックスサーバ ファイル編集

以下の赤枠部分をエックスサーバーのデータベース情報に書き換えます。

エックスサーバ wp-config.phpの編集

一番上から「データベースの名前」「ユーザー名」「そのユーザーのパスワード」「MySQLのホスト名」です。

データベース情報の編集方法

まず、「サーバーパネル」にログインし、「MySQL設定」をクリックしてください。

エックスサーバー→MySQL設定

すると、次のような情報が記載されているので、それぞれコピー(またはメモ)してください。

エックスサーバ MySQL情報

①データベース名の変更

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '○○○_○○○');

○○○_○○○」の部分に先ほど作成したMySQLの名前(上の画像の①)を入力します。

②データベースのユーザー名の変更

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '○○○');

○○○」の部分に先ほど作成したMySQLユーザ(上の画像の②)を入力します。

③データベースのパスワードの変更

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '○○○');

○○○」の部分にMySQLユーザを作成した時に指定したパスワードを入力します。

④MySQLのホスト名の変更

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql○○○a.xserver.jp');

○○○」の部分にホスト名(上の画像の④)を入力します。

キャッシュプラグイン「WP Super Cache」を使用していた場合

キャッシュプラグイン「WP Super Cache」を使用していた場合、「wp-config.php」には3つ上の画像のように青枠で囲まれている部分がありますので、その部分(2行)を削除してください。

7.PHPのバージョン変更

次に、使用するPHPのバージョンを変更します。

サーバーパネルにログインし、「設定対象ドメインの変更」で移転対象のドメインを設定し、「PHP Ver.切替」をクリックしてください。

エックスサーバー PHPバージョンの変更

そしてPHPのバージョンを「推奨」のものに選択し、バージョンを切り替えてください。

エックスサーバー PHPバージョンの変更

なお、このPHPのバージョン切り替えを行わない場合、移転後のサイトに以下のエラーが出力され、画面が表示されません。

必ずPHPのバージョンを変更をしてください。

サーバーの PHP バージョンは 5.1.6 ですが WordPress 3.7.1 は 5.2.4 以上のみでご利用になれます。

8.DNSの変更

ドメインを管理している会社(お名前.comとかムームードメインとか)の管理画面にログインし、移転対象のドメインのDNSをロリポップからエックスサーバーに変更します。

なお、エックスサーバーのDNSは以下です。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

これで問題なく、移転が完了すると思います。

なお、移転元サーバーでWordPressサイトのドメインを使ったメールの送受信をしている場合、エックスサーバーでのメール設定も忘れないでください。

プラグイン「WP Super Cache」を利用していた場合

WordPressサイトを移転するときにキャッシュプラグイン「WP Super Cache」を利用していた方は【WordPress】サーバー移転後に「WP Super Cache」のエラーがでるときの対処法を読んでください。

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント