【WordPress】データベースをエクスポートする方法 in ロリポップ

公開日:
更新日:
カテゴリー: WordPress

WordPressサイトのバックアップや移転では、データベースのエクスポートが必要ですが、普段はデータベースを扱わないので、方法がわからない方も多いかと思います。

ここではphpMyAdminを利用してロリポップで運営しているWordPressのデータベースをエクスポートする方法を説明したいと思います。

1.WordPressの接頭辞を調べる

ロリポップ(ロリポプラン)は、利用できるデータベースが1つなので、WordPressを複数インストールしている場合は接頭辞がついています。

WordPressのデータベースをエクスポートする際はこの接頭辞をもとに「このWordPressサイトのデータベースはこれだからこれをエクスポートする!」と判断します。

では、まずはエキスポートするWordPressサイトの接頭辞を調べましょう。

ロリポップの管理画面にログイン→WEBツール→ロリポップ!FTP→エクスポートしたいデータベースを使用しているWordPressサイトのフォルダ

までいき、「wp-config.php」を探し、それをクリックしてください(編集画面を開きます)。

すると、以下のような画面が出てきますので、下の方まで行き「wp○○_」となっている部分(画像の黄色部分)をメモしてください。

ロリポップ wp-config.php

2.phpMyAdminにログインする

以下の方法でphpMyAdminにログインしてください

ロリポップの管理画面→WEBツール→データベース

そして「サーバー」「ユーザー名」「パスワード」を確認してください(パスワードは「パスワード確認」をクリックすることで確認できます)。

ロリポップ phpMyAdminログイン

「phpMyAdminを開く」をクリックすると、以下の画面が出ますので、「ユーザー名」「パスワード」を入力し(コピペし)、先程確認したサーバー番号と同じ「サーバーを選択」してください。

ロリポップ phpMyAdminログイン

3.データベースのエクスポート

ログインの後、左サイドにある該当データベースをクリックしてください(ロリポップの場合、「LA~」をクリック)。

ロリポップ データベースのエキスポート

次に画面上部にある「エクスポート」をクリックします。

ロリポップ データベースのエキスポート

すると、エクスポート画面に行きますので、以下の画像と同じように各種選択してください。

なお、テーブルの選択ですが、私の場合「wp13_」だったので、以下の画像のように「wp13_」があるテーブルをすべて選択します(選択は「Ctrlキー + クリック」でできます)。

ロリポップ以外のサーバーでは、「wp_」だと思うので、「wp_」がついているものをすべて選んでください。

ロリポップ データベースのエキスポート ロリポップ データベースのエキスポート

ロリポップ データベースのエキスポート

最後に「実行する」を押すと、パソコンの「ダウンロードフォルダ」にデータベースファイルが保存されます。

これでWordPressのデータベースのエクスポートは完了です。

【ワンポイント】
生成オプションの項目において、「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドの追加」にはチェックがないと思いますので、そこにチェックを入れるのを忘れないでください!

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント