「管理者権限でログインしてもう一度お試しください」の対処法

公開日:
更新日:
カテゴリー: パソコン

Windows10で昔のパソコンゲーム(2003年~2008年ぐらいに発売されたゲーム)をインストールしてプレイしようとすると、

管理者権限でログインしてもう一度お試しください

と出てゲームができませんでした。

何とか遊べるようにしたので、ここではその対処法をまとめます。

管理者権限でログインしてもう一度お試しください

Windows8でゲームしていたKOEIの三國志11を、Windows10のパソコンにインストールしてプレイしようとしたところ

https://image.ysklog.net/4267-2.png

管理者権限でログインしてもう一度お試しください

と怒られてゲームできませんでした(インストール自体は問題なくできた)。

そして言われたとおりに「管理者権限」でログインしてもう一度トライしてみましたがダメでした。

原因

原因をあれこれ調べた結果、

Windows10がコピープロテクトのSafeDiscをサポートしなくなった

からと判明しました。

そのため、SafeDiscを使っているパソコンゲーム(主にKOEIのゲーム?)は、

  • SafeDiscをサポートしているWindows7やWindows8ではゲームできる
  • サポートを打ち切られたWindows8.1やWindows10ではゲームできない

対処法

原因が、Windows10がコピープロテクトのSafeDiscをサポートしていないことに起因しているので、SafeDiscをサポートするようにしてあげれば良いです。

その方法ですが、

にありますが、より簡易的にできるように私の方でも記録しておきたいと思います(なおWindows10の64bitでの方法なので、32bitではできるかわかりません(試してません))。

「secdrv.sys」の準備

「secdrv.sys」というファイルをWindows10のパソコンに適用してあげることで、SafeDiscを採用しているパソコンゲームをプレイできるようになります。

しかしWindows10には「secdrv.sys」というファイルがないので、Windows7や8から「secdrv.sys」ファイルを持ってくる必要があります。

といっても、現在はWindows8や7のパソコンを持っていない人が多いと思いますので、次の方法で「secdrv.sys」ファイルをゲットしましょう。

まず、「secdrv.sys」の作成をダウンロードしてデスクトップに置き、中のファイル類をすべてデスクトップに出してください。

https://image.ysklog.net/4277-1.png

そして「secdrv.sys」ファイル(0バイトの空ファイル)を「SecDrvMagicalPig」(豚のマーク)にドラッグ&ドロップします。

すると

発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?

と聞かれたら「実行」を押してください。

すると上のような画面が出てきますので、これで0バイトの空ファイルだった「secdrv.sys」が22.5KBの「secdrv.sys」ファイルになります。

なお、「SecDrvMagicalPig」(豚のマーク)はもう不要なので削除してください。

「secdrv.sys」の自己署名

作成した「secdrv.sys」ファイルをパソコンに適用して「はい終了!」としたいところですが、実は少々面倒な作業が必要になります。

それはドライバファイル「secdrv.sys」の自己署名です。

この方法を以下に詳しく説明します。

「Windows 10 SDK」のインストール

「secdrv.sys」の自己署名のためには「Windows 10 SDK」が必要です(無料でインストールできます)。

Windows 10 SDKのダウンロードサイトにいき、「.ISOをダウンロードする」をクリックしてWindows10 SDKのイメージファイルをパソコンに保存してください。

【注意】
Window10 SDKは時間経過とともにマイクロソフト社がバージョンアップしているので「secdrv.sys」を自己署名するときに使うコマンドパス(下で紹介)も変更が必要になります。
そのため上の画像の赤枠で囲っているバージョン名をメモしてください。この場合「10.0.17763.0」です。

ダウンロードしたイメージファイル(私の場合は「17763.1.180914-1434.rs5_release_WindowsSDK.iso」)をダブルクリックすると3つのファイルが出てくると思うので、下画像のように「WinSDKSetup.exe」をダブルクリックしてインストールを実行してください。

するとインストール先を聞かれるので、下画像の赤枠部分に表示されたインストール先をメモしてください。

私の場合は以下です。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\

そして、先ほどメモしたSDKのバージョンと組み合わせてメモ帳などで次のようにしてください。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\

この作業がとにかく重要です!

そして「Next」をクリックして次に進んでください。

次に下画像のように「Microsoftにデータ等を匿名で送信するか?」的なことを聞かれますが、特に拒否しても問題ないので面倒そうなことは「No」にして進みます。

次にライセンスの同意を求められるので「Accept」を選んで次に進みます。

 

次にインストールしたいソフト類を聞かれるので、「secdrv.sys」の自己署名に必要なものだけインストールします(下画像を見て選択してください)。

【注意】
最初は「Windows SDK Signing Tools for Desktop Apps」のみでいいかな?と思ったのですが、それだけでは自己署名できなかったので上の8個のSDK関連ソフトをインストールすればOKでした。

あとは流れに沿ってインストールを実行してください。

「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」の自己署名

いよいよインストールした「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」を自己署名します。

まずは作業フォルダを作成します。

Cドライブ直下に「secdrv」という名前のフォルダを作成し、その中に豚マークアイコンで作成した「secdrv.sys」ファイルを入れてください。

そしてパソコン画面の左下にある「何でも聞いてください」のところに「cmd」と入力します。

すると次のような画面が出てきますので「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックして下さい。

すると「実行してええか?」的なことを聞かれますが気にせずOKすると、次のような画面がでてきます。

そして

cd C:\secdrv

をコピーして貼り付けて(貼り付けは右クリックのみでできます)エンターキーを押してください。

すると下の画像のようになります。

次に、先ほどインストールした「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」に署名をつけてあげます。

下の文字列の赤文字部分は、先ほど「Windows 10 SDK」をインストールしたときに作成したものです。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\makecert.exe" -pe -r -ss my -n "CN=myTest" myTest.cer

では、上の文字列をコピーして、先ほどと同じ要領で貼り付けてエンターキーを押します。

すると、下の画像のようになり、「Succeeded」が出ればOKです。

【「Succeeded」にならない場合は?】
上のコマンドはWindows10 SDKにある「makecert.exe」を実行させてあげているので、もしもエラーになる場合はSDKをインストールした場所「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\」までいってフォルダ検索で「makecert.exe」を探して正しいパスを変更してあげればよいです。

無事に「Succeeded」が出た場合は先ほどCドライブ直下に作成した「secdrv」フォルダを見てください。

先ほどまでなかった「myTest.cer」というファイルができています。

「myTest.cer」をパソコンに登録

次に出現した証明書ファイル「myTest.cer」をパソコンに登録してあげます。

下のコマンドをコピーして、同じ要領で貼り付けてエンターキーを押してください。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\certmgr.exe" -add myTest.cer -s -r localMachine root

下の画像のように「CertMgr Succeeded」と表示されればOKです。

【「CertMgr Succeeded」にならない場合は?】
上のコマンドも同様にWindows10 SDKにある「certmgr.exe」を実行させてあげているので、もしもエラーになる場合はSDKをインストールした場所「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\」までいってフォルダ検索で「certmgr.exe」を探して正しいパスを変更してあげればよいです。

「CertMgr Succeeded」と出た場合は続けて下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してください。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\signtool.exe" sign -v -s my -n myTest secdrv.sys

下の画像のようになればOKです。

これで自己署名の完了です(ここでエラーとなる場合は同様に「signtool.exe」までの正しいパスを見つけてください)。

追記:エラーがでる

コメント欄にて以下のエラーがでるとの問い合わせがありました。

SignTool Error: Multiple certificates were found that meet all the given criteria. Use the /a option to allow SignTool to choose the best certificate automatically or use the /sha1 option with the hash of the desired certificate.

ざっくり訳すとこんな感じでしょうか。

SignToolエラー:指定された全ての基準を満たす複数の証明書が見つかりました。 「/a」オプションを使用することで、SignToolに最も適した証明書を自動的に選択できます。 もしくは要求された証明書のハッシュを持つ「/sha1」オプションを使用してもよい。

このエラーの原因は、「複数の証明書が見つかった」ということなので、恐らく何度も自己証明書の発行をしたのが原因だと思われます。

この場合は、パソコンからの指示通りに「/a」オプションを付け加えればよいと思います。すなわち次のコマンドを実行してください。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\signtool.exe" sign -a -v -s my -n myTest secdrv.sys

確認していませんが、恐らくこれで大丈夫なはずです。

追記:コメント欄にて、この方法でできた旨の報告があったので、この方法でできます。

「secdrv.sys」をパソコンに登録

「secdrv.sys」の自己署名が完了したので、「secdrv.sys」をシステムフォルダにコピーします。

下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してください。

MOVE secdrv.sys C:\Windows\System32\drivers

下の画像のようになればOKです。

テストモードでゲームをプレイ

以上で「管理者権限でログインしてもう一度お試しください」と怒られてプレイできなかったゲームをプレイできるようになります。

最後に注意がもう一つあります。それは、Windows10をテストモードにしないとプレイできないということです(複雑な話は省略します)。

さて、Windows10をテストモードにするのは簡単です。

コマンドプロンプトを管理者として実行して、下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してください。

bcdedit /set TESTSIGNING ON

下画像のように「この操作を正しく終了しました。」と出れば完了です。

パソコンを再起動してください。パソコンを再起動すると、画面右下に下の画像のような文字が表示されているはずです。

あとは、ゲームのプレイアイコンをダブルクリックすればWindows10でゲームができるようになります(この場合でもできない場合、ゲームのアイコンを右クリックして「管理者として実行」をしてみてください)。

テストモードにできない場合

私の場合、以前は「bcdedit /set TESTSIGNING ON」でテストモードにできていたのですが、1年ぶりくらいに記事更新のために同じ作業をしたところ、下画像のように

要素データを設定中にエラーが発生しました。
この値はセキュア ブート ポリシーによって保護されているため、変更または削除できません。

と表示されてテストモードに移行できませんでした。

原因を調べたところ「セキュアブート」が有効になっているとテストモードへの移行はできないようです(この一年でセキュリティ強化された模様)。

この対処法は【Windows10】セキュアブートの設定を変更する方法を参照してください。

ゲーム終了後はテストモードも終了

ゲームをプレイして、ゲームを終了した場合、ゲームをするためにモードをテストモードにしたので、通常のモードに戻す必要があります。

その方法は簡単で、パソコン画面の左下にある「何でも聞いてください」のところに「cmd」と入力します。

すると次のような画面が出てきますので「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックして下さい。

そして、下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してパソコンを再起動してください。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

これで通常モードに戻ります。

今後の操作

今後は、ゲームをするときはコマンドプロンプトを管理者として実行して次のコマンドを実行し、再起動します。

bcdedit /set TESTSIGNING ON

そしてゲーム終了時もコマンドプロンプトを管理者として実行して次のコマンドを実行し、再起動します。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

少々面倒ですが、これを繰り返すだけで「管理者権限でログインしてもう一度お試しください」と表示されてできなかったゲームができるようになります。

最後に

今回インストールした「Windows 10 SDK」を今後使用する予定がない場合は、もう不要なので削除して大丈夫です。

また、下の画像にあるCドライブ直下に作成した「secdrv」フォルダも不要なので削除してOKです。

 

あわせて読んでほしい!

 

コメント

1:感謝!:2020/02/15 20:32:38

cod 1日本語版がプレイできるようになりました。
わかりやすい説明ありがとうございます。

2:yuu:2020/04/25 14:45:56

質問失礼します。
「myTest.cer」をパソコンに登録 にてエラーが出てしまい先に進めません。
エラー内容は
"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x86\certmgr.exe" -add myTest.cer -s -r localMachine root
Error: Failed to open the destination store
CertMgr Failed

となっています。パスは合っていると思うのですが、どうしたらいいのでしょうか?

3:クリボー:2020/04/25 20:09:06

質問失礼します。記事を参照しつつ、取り組んでいるところですが、以下のようなエラーとなります。これは署名できていないということだと思いますが、記事とは状況が違うように思われます。対処方法はあるのでしょうか。

C:\secdrv>"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x86\signtool.exe" sign -a -v -s my -n myTest secdrv.sysr
The following certificate was selected:
Issued to: myTest
Issued by: myTest
Expires: Sun Jan 01 08:59:59 2040
SHA1 hash: E829ADBF8BA1A069C273087E1F98B42D61119E82

4:クリボー:2020/04/25 20:09:38

Done Adding Additional Store
SignTool Error: File not found: secdrv.sysr

Number of files successfully Signed: 0
Number of warnings: 0
Number of errors: 1

5:クリボー:2020/04/25 20:30:30

すみません、解決しました。
コピーミスですね。
お恥ずかしい・・・

6:ss:2020/05/10 16:03:02

コメント失礼いたします。
記載してある方法通りに進めたところ
以下の手順で止まってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に、先ほどインストールした「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」に署名をつけてあげます。

下の文字列の赤文字部分は、先ほど「Windows 10 SDK」をインストールしたときに作成したものです。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\makecert.exe" -pe -r -ss my -n "CN=myTest" myTest.cer
では、上の文字列をコピーして、先ほどと同じ要領で貼り付けてエンターキーを押します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでSucceededが出ずに
「内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」という表示が出て先に進めません。
他の方の質問コメントなど拝見しましたが、如何せん知識が無いため
どのように進めればよいかがいまいちわからない状況です。

エラーとして考えられることや対処方法などご教示いただけますと幸いです。

7:ats:2020/05/22 9:20:22

信長の野望・天下創世をWindows10でプレイしようと、貴サイトを参考に設定しました。
設定自体はスムーズに進みました。
しかし、いざプレイしようとすると一瞬立ち上がるだけですぐにdownしてしまします。
これはどういったことが原因として考えられるのでしょうか?
お忙しいところ大変申し訳ございませんが、原因や対策等をご指導頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

8:minarai wiz:2020/05/24 14:30:25

初代 CALL OF DUTY シングルプレイヤーの[コンピュータの管理者のアカウントでログインして、もう一度お試しください]もプレイできるようになりました。ありがとうございます!

9:ossiii:2020/08/10 13:05:03

この記事の通りやってテストモードにしても「管理者権限でログインしてもう1度お試しください」とエラーが出ました。管理者として実行してもゲーム(三国志11)が起動しません。どのように対処すればいいのでしょうか?

10:atuidesu:2020/08/13 13:50:19

どうもありがとうございました。 無事実行確認できました!
同じ症状の人が居そうなので、こちらで起こった点で気になった箇所を挙げます。
(1)カーソルがくるくる少しの時間回るがNG。
色々な状況でなったのですが、一つとしてテストモードに入っていないときになりました。画面右下でテストモードになってるかを確認したほうが良いかと。
(2)実行アイコンをクリックしても、このアプリは保護のためブロックされましたが出る。
コマンドプロンプト(cmd)をここで紹介されている管理者権限で実行の状態で開き、リンク先を直接打ち込む事で実行できました。
例)"C:\Program Files (x86)\Koei\Nobunaga12\N12Launcher.exe"
(3)互換性モードについて
なかなか動かず、short cutアイコンのプロパティのタブにあるこちらを色々試したのですが、今回試したソフトではこちらをいじらない方が良い結果が得られました。 (2)の問題もこちらをいじったために起きていました。 互換モードでの実行や管理者としてプログラムを実行等、いじりたくなりますが、まずはこちらのページにある内容をトレースしたほうが良い結果が得られると思います。

11:ossiii:2020/08/13 22:08:43

管理者権限で起動しようとしたとき↑のコメントの(1)の症状になったのですがテストモードでもなりました。
テストモードの所には
Windows 10 Pro
Build 18362.19h1_release.190318-1202
と出ています。過去にwindowsの更新のせいなのか1度だけこの症状になりましたが、そのときは証明書を消してもう1度ここの手順通りやり直せば解決しました。
しかし今回は何度試してもだめです。
何が悪いのか知識がないため全くわかりません。どなたかご存じの方はいらっしゃいますか?

12:ゆむりん:2020/08/14 9:33:44

はじめまして。
掲載された手順に従って作業を進めていたのですが、
myTest.cer
の生成には成功したのですが、
・「myTest.cer」をパソコンに登録
の段階で、下記のエラーが出てしまって先に進めなくなってしまいました。
Error: Failed to open the destination store
CertMgr Failed
パスも何度も確認しましたが合っていて、八方ふさがりです。
以下にログを晒しておきますので、よろしくお願いします。

C:\Windows\System32>cd C:\secdrv

C:\secdrv>"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.19041.0\x86\makecert.exe" -pe -r -ss my -n "CN=myTest" myTest.cer
Succeeded

C:\secdrv>"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.19041.0\x86\certmgr.exe" -add myTest.cer -s -r localMachine root
Error: Failed to open the destination store
CertMgr Failed

13:yuzu:2020/11/10 1:52:23

すごい、できました!
ありがとうございます;;

14:junjun:2021/01/21 23:10:25

質問失礼します。タイピングオブザデッドがやりたくて購入したのですが、管理者権限とでるので同じだと思いwindows10sdkの作成を管理人さんのサイトを参考に進めたのですが、'"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.19041.0\x86\makecert.exe"' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。と表示されて先にすすめません。pc初心者なのですがお手数おかけしますがどうすればいいか教えてください。

15:famr:2021/10/17 7:53:06

質問失礼します。
signtool.exeの段階で以下の様なエラーメッセージが出てきます

SignTool Error: No file digest algorithm specified. Please specify the digest algorithm with the /fd flag. Using /fd SHA256 is recommended and more secure than SHA1. Calling signtool with /fd sha1 is equivalent to the previous behavior. In order to select the hash algorithm used in the signing certificate's signature, use the /fd certHash option.

記事内の追加された文章とは違う文面で
一応-aも試しましたがダメでした

16:nora:2021/10/25 18:47:45

自分もfamrさんと同じ悩みを抱えてます、signtool.exeの場所を調べ、"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.22000.0\x86とやってみましたが、同じエラーが出ます。

17:famr:2021/10/27 9:00:05

65ですが解決したので報告させていただきます
SDKの最新Verを導入していましたが
アーカイブから記事と同じVerを再導入した所通りました

18:シュン:2021/11/19 17:04:13

#65&67 famr様
質問をさせてください。
SDKのVerを同一にされた際、
最新Verや既に作成したフォルダなどは削除された上ででしょうか。

まだご覧になっていたらいいのだけれども。

19:famr:2021/12/03 13:52:40

secdrv.sysは手間が少ないので1から作り直しました
SDKの最新Verは削除しておらず別フォルダで残っています
失敗も含めてコマンド時にパスは当然いじっています

20:indigo:2022/01/07 20:27:13

65の件ですが、同様のエラー文が出た際に"-a"を足すのではなく、"-fd SHA256"を足して解決しました。参考までに書いておきます。

21:fe:2022/01/09 20:36:54

indigo様

同様の症状で悩んでおりここにたどり着きました。
おかげさまで解決できました。ありがとうございました。

22:通りがかり:2022/01/14 1:00:35

indigoさんのおかげで、私も行き詰まっていたところ解決しました。
ありがとうございます。

23:名無しさん:2022/01/21 23:32:26

すべて成功し、テストモードにも入れたのですが
信長の野望 革新 pukは 管理者モードで・・・ と言い続けてしまいます

コメントフォーム
お名前
コメント