【GoogleAnalytics】カスタムレポートの設定方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: GoogleAnalytics

GoogleAnalyticsのカスタムレポートの作り方を説明しています。

自分流に見やすいレポートやパッと知りたい情報を表示させたい時に便利な機能です。

カスタムレポートの設定方法

カスタムレポート設定画面に行く

GoogleAnalyticsにログイン→任意のサイトのレポート画面に行く→上部バーの「カスタム」をクリック→「新しいカスタムレポート」をクリック

GoogleAnalytics カスタムレポートの作成

すると、以下のようなレポート作成画面が出てきますので、

  • タイトル
  • レポートタブの名前
  • 指標グループ
  • ディメンション

を決めて「保存」をクリックします。

GoogleAnalytics カスタムレポート 項目の設定

設定項目(例)

上は例として、訪問してきたユーザーのリモートホスト名(ユーザーが使っているプロバイダ名や固定IPを持つ会社名)と、そのアクセス時刻(○○年○○月○○日○○時レベル)を確認するカスタムレポートを作成しています

項目は以下を設定しています。

  • タイトル
    ユーザーのリモートホスト名
  • レポートタブの名前
    そのまま
  • 指標グループ
    「セッション」「」ページ/セッション」「平均セッション時間」「新規セッション率」(ここは任意のものをチョイス)
  • ディメンション
    「ネットワークドメイン」、「時間帯」

これらの設定を行い、保存をクリックすると、カスタムレポートの完成です。

カスタムレポートの確認

カスタムレポートの確認は、GoogleAnalyticsにログイン→任意のサイトのレポート画面に行く→上部バーの「カスタム」をクリックすると下の画像のようにレポートが出ますのでそれをクリックしてください。

GoogleAnalytics カスタムレポートの確認

すると、以下のようなカスタムレポート画面が表示されます。

確かにリモートホスト名(ネットワークドメイン)が表示されていることがわかります。

GoogleAnalytics カスタムレポート画面

そしてそれらのうちの一つをクリックすると、そのリモートホスト名からアクセスのあった時刻(○○年○○月○○日○○時レベル)を確認できます。

GoogleAnalytics カスタムレポート アクセス時刻の確認

レポートの編集

後からこういう指標グループをしたい!こういうディメンションを追加したい!と思ったときは、再編集が可能です。

その場合、カスタムレポート画面の上の方の編集をクリックすればOKです。

レポートの削除

レポートの削除も可能です。その場合、上部タブの「カスタム」をクリックし、カスタムレポート一覧画面の右にある「操作」をクリックして、削除を押します。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント