ビットコインのトレードで役立つサイトまとめ

公開日:
更新日:
カテゴリー: 仮想通貨

最近ビットコインのトレードにはまっているのですが、トレードをしていく中で個人的に役立つと思ったサイトをまとめています。

現在のブロック高の確認

https://blockchain.info/

ビットコインの現在のブロック高(ブロックの数)とハッシュレートの推移を確認できる。

補足

ビットコインがHF(ハードフォーク)する際、指定されたブロック高でHFされ、そのときのスナップショットでHFされたコインの付与が決まるため、HFのときに重宝する。

また、ブロック生成速度やハッシュレートの推移を見ることによって送金の速さやマイナーの動向などが推測できる。

上のサイトが機能していないときはhttps://blockchair.com/bitcoin/blocksでも確認できる。

※このサイトはUTC時間で表記されているため、日本時間にしたい場合はプラス9時間すればよい。

ロング&ショートの板情報

https://www.bitfinex.com/order_book/btcusd

ビットコイン取引で世界最大を誇る香港の取引所Bitfinexのロング(買いポジション)とショート(売りポジション)の板情報を確認できる。

補足

「Bids」が買い、「Asks」が売り。

〇〇〇ドルを突破するためには□□枚の売り(買い)を突破する必要がある、〇〇〇ドルに□□枚の厚い売り(買い)があるなどを確認して今後の動向を推測する。

大口の注文では見せ板(見せかけの注文で直前になって注文を取り消す or 少し喰わせてから注文を引っ込める)の場合もあるので注意が必要。

ロング&ショートの割合

https://www.bfxdata.com/positions/btcusd

ビットコイン取引で世界最大を誇る香港の取引所Bitfinexのロング(買いポジション)とショート(売りポジション)の割合を確認できる。

補足

ロングの割合が多いから「買い」、ショートの割合が多いから「売り」など単純なことには使用できない(はず)。

あくまでも直近の動向であり、参考程度に見るべき。https://www.bfxdata.com/orderbooks/btcusdでは視覚的に確認できる。

ビットコインの送金・受取あれこれ

https://live.blockcypher.com/

https://www.blockchain.com/

検索窓にビットコインのアドレスやトランザクションIDを入力して検索すると、ビットコインの送金・受取の履歴や送金状況等を確認できる。

補足

ビットコインのトレードには直接関係ないが、何かと役に立つときがある。

時価総額のチェック

https://coinmarketcap.com/

ビットコインをはじめとしたあらゆる仮想通貨の時価総額とその推移を確認できる。

https://bitflyer.jp?bf=t0lfnepd

 

あわせて読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント