俺の記事がホットエントリ入りしたからアクセス数とか収益とかいろいろ書く

公開日:
更新日:
カテゴリー: ブログ運営

先日、私が書いた記事にはてなブックマークが「600」以上も付くという奇跡が起きて、ブロガーとしての一つの夢であった「ホットエントリ入り」を果たしたので

  • ホットエントリになるまでの経緯
  • アクセス数
  • 収益

などについて書きたいと思います。

自分でも奇跡だと思っていてもう二度とないはずなので、最初で最後の「一粒で二度おいしい」をやらせてもらいます!

ホットエントリ

ホットエントリ入りした記事はこちらです。

パソコンの自動化で稼ぐことができたので方法教えるよ!

この記事に現在608ものはてなブックマークが付いています。

はてブは精魂込めた記事ではなく、力を抜いた記事の方が付きやすい

とどこかのブログで読みましたが、私の場合は狙ってやったので正直ほらね?って感じです。余裕ですわw

 

 

 

すみません!嘘です

私も例にもれず正直そんなに力を入れた記事ではなく「まぁブログのネタにはできるよね」程度で書きました。

なのでこんなことになってしまって正直ビビってます。

ホットエントリ入りした流れ

こんな奇跡は人生に一度きりなので、記録も兼ねて時系列を書きます(定期的に読み返したい)。

6月10日(土)の夜中に記事を書き始める(ニートなので昼夜逆転しています)

そして午前7時30分あたりに記事を公開

ふと見ると初のはてブが付いていた(確認すると8時34分)

この時点でこんな感じになる。

さらに1時間30分後くらいに見てみると何とはてブが「16」も付いていた。

こんなに高速で、しかも大量にはてなブックマークが付くことは体験したことなかったので「何かがおかしい・・・そんなに良記事か?」と疑問に思う。

さらにはてブの数を確認すると、見れば見るほど数が膨れ上がっていき・・・11時40分(キャプチャを撮った時間)には何と「30」ものはてブが付き、はてなブックマークトップページで「仕事・就職カテゴリ」でおすすめエントリとして掲載される。

なお、はてなブックマークはツイッターアカウント(はてブ新着エントリー)と連携しているのですが、私の記事に関するツイートもあるはずだ!と先ほど探してみて発見したものの、なぜか16時45分付けでツイートされていました(新着エントリになったことが判明した5時間後にツイートしているとか謎です)。

そしてそこからはモリモリはてブ経由のアクセスが集まり、Googleアナリティクスのリアルタイムレポートで確認したところ、12時31分には何と67人もの訪問者が訪れていました。

あんまり大したことないじゃん・・・

と思われる人も多いと思いますが、通常は7~12人くらいのアクティブユーザーしかいない弱小ブログなのでとんでもない快挙なのです!

それからもはてブのトップページで紹介され続け、30分後の12時56分には92人のアクティブユーザーがいるというとんどもない状況に直面しました。

これ以降ははてブの数と訪問者が途切れることなく増え続け・・・そして13時46分・・ついに

 

 

 

 

ヤツが来たッ!!

 

 

どーんっ!

なんと、念願のホットエントリ入りを知らせるツイートがされました!

そしてホットエントリ入りした4分後の13時50分には・・・

なんと135人ものアクティブユーザーがいるというミラクルが起きました(該当記事には130人)!

そしてここからは増えたり減ったり増えたりしながらアクセスがひっきりなしに集まりだし、Googleアナリティクスのリアルタイムレポートから目が離せなくなり、常に視界に入る場所に画面を開いていました。

はてブ トップページのトップにも掲載されました!

なんとホットエントリ入りした快挙だけにもとどまらずはてなブックマークのトップページのさらにトップ(男の中の男みたいな場所!)にも私の記事がデカデカと紹介されていました。

証拠キャプチャみたいですよね?

 

 

 

びっくりドキドキしてて撮るの忘れていましたw(ないとは思いますが、もしもキャプチャ持っている人がいたら手数料込みでいいのでコピーください!マジで記念に欲しい)

ちなみに、テクノロジーカテゴリーのサイドバーのトップにも掲載されました(これもキャプチャ撮り忘れました)。

肝心なところでヘマをする!

こういうところでも私のしょぼさが露呈し、今回のホットエントリ入りがミラクルだったことがわかります。

ホットエントリによるアクセス数

さて、ここまでは自己満足のための記録をしてしまいましたが、ここからはいよいよあなたが知りたい

ホットエントリ入りしたらどのくらいアクセスあるの?

という情報を掲載したいと思います。

記事をエントリーした6月10日からホットエントリに付随したバズの熱が完全に冷めきった(アクセスが止んだ)6月12日午前までの間になんと!16540アクセスがありました!

すみませんが、調子乗っていいですか?

 

 

 

 

ぶっちゃけホットエントリしてもあんまりアクセスないな

これが私の率直な感想です。

いや、私のブログのレベルからするとぶっ飛ぶほど凄いアクセス数ですが、言うほどか?と正直思っています。

だって日本の人口は1億3千万弱もいて、これほどインターネットが普及しているのに、たったの1万6千PVですよ?

もっと5万とか10万とかいくと思ってました。

3年8カ月運営してきた私のブログのアクセス数に書いていますが、先月の私のブログのPVは4万弱です。

つまり、半月分のPVが1日で発生したくらいで、これまで獲得したPVと今後獲得するPVを考えた場合、たいしたことないそう思わざるを得ません。

そして地味にショックだったのが

  1. ホットエントリ関連でのアクセスの直帰率は87.18%もあり、ほぼほぼ2ページ目を読んでくれない
  2. 今回の一連の流れで増えたツイッターのフォロワーは2人

と次につながらない一回ぽっきりのアクセスであったことが判明しました(私のブログに魅力がないのが原因ですけどね)。

最高瞬間アクセス

今振り返ると最高にダサいのですが、今回のバズで(普段と比較して)あり得ないアクセスが発生したので、わたくし、9時間ほど連続してGoogleアナリティクスのリアルタイムレポートを見続けていました(そのときは楽しかったのですが、今思うとほんと時間の無駄でした)w

まぁちょこちょこ何かしらの作業はしていましたが、ほぼほぼずーっとリアルタイムのアクセス数を意味もなく眺めていたので、なんと最高瞬間アクセス数を逃さず見ることができましたw

その数162人

なお、「おっ!」と思ってからキャプチャを撮ったのでタイムラグがあり、キャプチャでは157人となっています。

ホットエントリによって稼げたお金

これもあなたは知りたいですよね?

さて、私のブログには広告が貼っており、たくさんのアクセスがあるとたくさんのお金を稼げます。

なので今回ホットエントリ入りしてたくさんのアクセスが発生したわけですが、

 

あなたはいくら稼げたと思いますか?

 

この中に答えがあります。

  • 2千円
  • 2万円
  • 20万円
  • 2千円

 

 

 

 

イエス!

正解は2千円です。証拠画像です。

なお、これはバズった日の翌日の朝10時頃にキャプったものです(普段は400円ほど稼げているので、今回の件での実際の収益は1500円ほどです)。

どうでしょうか?想像していた金額より多かったですか?少なかったですか?

私は、

 

 

 

 

 

マジでたいしたことない

そう思っています。

ホットエントリ入りしてから大量のアクセスが発生して、サーバーが落ちないかな?

そしてあのページに貼っているGIFアニメーション画像は一枚で4.3MBあって1000アクセスあたり4.3GBの転送量が発生するので、既に持っている3つのサーバーに画像をアップロードして参照サーバーを10分おきに変えたり、それでも心配で新しくサーバーを借りたりして負荷分散に追われ、ほんと気苦労が半端なかったです(愚痴)。

思ったより収益がなかった原因を考えたのですが、

  • 記事内容にマッチする広告がなかった
  • 情報強者の人たちがメインの読者となり、広告を押されなかった

こんな感じでしょうか。

 

 

 

 

今の私の状態をやる夫で表現するとこんな感じです。

ほんと一日の大半を無駄にしたので、こんなレベルでしか稼げないのであれば、サーバーから落とされるとか気にせずにクラウドソーシングサイトで小遣い稼ぎをしていればよかったです。

毎回炎上を狙うブロガーの気持ちが分かった

今回ブロガーとして本当に嬉しいことに自分の記事がホットエントリ入りを果たしたのですが、正直に言うと、炎上を狙うブロガーの気持ちが分かった気がします。

というのも、私は文才も何かに秀でた能力もない(自分で言うとあれだけど、物事をわかりやすく説明できる自信はありますw)ので、私がホットエントリをはじめとした「バズ」を経験できるのってほんと奇跡的で、人生に一回あるかないかのレベルです。

そんな人生一回レベルのものなのに、獲得できるアクセス数はたったの1万6千PVで稼げたお金も1500円レベルです。

昨今、毎度炎上を狙っているブロガーや炎上を起こしてアクセス稼ぎをしたいブロガーが散見されますが、ある程度は理解できる立場になりました(肯定はできないけど)。

だって一回バズらせたくらいじゃ稼げるアクセス数なんてたかが知れており、恒常的にアクセスをゲットするためには(文才や人々を魅了させる力がなければ)毎度炎上させるしか方法はありません。

そして炎上させるのって「世間(煽り耐性のない一般人)を煽る」だけなので安上がりです(とはいっても様々な条件が必要だと思います)。

炎上に耐えうる鋼のメンタルが欲しい・・・

まぁ私は変に生真面目なところがあって(当たり前ですが)炎上でアクセスを稼ぐことはしたくないタイプなので今後も炎上商法はしないつもりです(今後ダークサイドに落ちたらわからないけどねw)。

んで今回思ったのが、炎上ブロガーのメンタルほんとぱねぇ!です。

というのも、今回ホットエントリした記事は誰かを批判したり煽ったりしておらず、またナイーブな話題を突ついたり、公序良俗に反したこともしていないため、炎上でも何でもありません(なので大勢からフルボッコを喰らうわけでもありません)。

ですが私は最初はブクマがつく喜びに

ニッコニッコだったのですが、ブクマコメントでガチプログラマの人から

VBAでやった方が早い
拡張子の変換じゃなくてファイル変換じゃん

などのちょい否定的(まぁアドバイスなんだけど)を見てから急に怖くなってブクマコメントみるだけでも

とビビりながら見たり、直接記事の方に

なんでリネームでやらないの
3秒で終わるのに

などのコメントが出だして、なぜか

と怯え始めました(生きた心地がしなかった)。

何だろう?これ

 

 

 

 

俺何も悪いことしていないのに

単純に私がビビりなだけなんでしょうけど、普段と比較してあり得ないアクセスがあっただけでほんと体がブルっちまいました。西野カナが満足するほど震えてたんじゃないかな?(どうでもいいけど、初めて2chで煽り合いをしたときの感覚を思い出しましたw)

んで今だから言えるけど、こちらの記事にモザイクありですけど顔を晒しており、万が一何かの拍子で風向きが変わって炎上しようもんなら俺の人生終わる(ニートの時点で既に終わりかけだけどw)マジでヤバい!と思ってから、「空気になる作戦」を敢行しました。

具体的には、

  • ブログの記事更新しない
  • 変に刺激するといけないのでコメントも返さない
  • ツイッターも呟かない

ここの管理人死んだんじゃ?」と思わせるように身を潜めていました。

おかげで毎日の記事更新が2日間中断して初志貫徹できなくなり、ブロガーとして何か大きなものを失った感があります(そしてバズから3日間はネットを絶っていたので外に遊びに行って無駄なお金を使ったり、非生産的にぐーたらとテレビ見てたりしていました)。

まぁ記事を書いて公開せずに下書き保存しとけばよかっただけですが、そこはご愛嬌ということでw

 

んで何が言いたいのかと言いますと、ホットエントリ入りしたとかもはや割とどうでもよくて、

コメントやらブコメやらツイッターなどのSNSなどで徹底的に叩かれてもピンピンしている炎上系ブロガー

 

 

 

 

マジでメンタルすげぇ!ってのが今回最終的に感じたことです(終わり)

タイトルの重要性を痛感した

ってこのままで終わったらほんとダメ記事なので、最後に「やっぱ大事だな」と痛感した「タイトルの付け方」の話をしたいと思います。

これまではこのブログをWeb関係の備忘録ブログとして運営していたのですが、最近ブロガーになるべく今まで

そこまでしてPVを得る必要なないお!

と避けていた「読まれる工夫」をいくつか実践しています。その内の一つが「タイトルの付け方」です。

恐らく数か月前の私であれば(過去記事のタイトルを見てもらわればわかると思いますが)、ホットエントリした記事のタイトルを

【UWSC】パソコン作業を自動化させる方法

で公開していたと思います。

自分の予想ですが、もしもこのタイトルで公開していたらホットエントリすることはなかったと思います。

それは、

  • 「UWSC」という言葉を明示することで「UWSC」というフリーソフトを知っている人・興味ある人にしか読まれない(読者層が絞られてしまう)
  • 「パソコン作業を自動化」では、今現在「パソコンの自動化」をしたい人にしか読まれない

んで結局(ぶっちゃけそこまでは考えてはいないのですが)次のようにして記事をエントリーしました。

パソコンの自動化で稼ぐことができたので方法教えるよ!

これでたくさんの人に読んでもらえて、はてなブックマークが集まってホットエントリとなったわけですが、分析すると次の点が良かったのではないか?と思います。

  • 「稼ぐことができた」と書くことで、みんな大好き「お金のパワー」が発動して多くの人の関心を惹きつけた
  • そしてそれがあったからこそ「パソコンの自動化」という言葉が引き立った(裏技チックなことを連想?)
  • 「教えるよ!」というワードで「有益な情報が得られる感」を出せた

そんな感じでしょうか?つまり・・・

 

 

タイトルほんと重要!

と今回痛切に感じました(その他にも今回たくさんのことを学ぶことができたので、次回以降にじゃんじゃん惜しまず情報を出していきたいと思います)。

 

 

(終わりに)ちなみにこの記事の数値や画像は全てうそ偽りなく書いています。

もし真偽を確かめたい方がいらっしゃったら私の自宅まで来てくださったら(いや、住所は教えたくないので空港もしくは駅まで迎えにいきます)全データ保管しているので見せれます。

ツイッターのDMにでもメッセージください(その際はもちろん地元の特産品くらいは持ってくるよね?ニッコリ)

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。