【WordPress】データベースをインポートする方法 in さくらインターネット

公開日:
更新日:
カテゴリー: WordPress

さくらインターネットのデータベースサーバ(phpMyAdmin)にWordPressのMySQLデータをインポートする方法を説明しています。

1.インポートの受け皿となるデータベースを新規に作成

さくらインターネットのサーバー管理画面にログインし、次にように新規のデータベースを作成してください。

まず左サイドバーにある「データベース設定」をクリックします。

さくらインターネット「データベースの設定」

次に「データベースの新規作成」をクリックします。

さくらインターネット「データベースの設定」→「データベースの新規作成」

そして、次にように設定して「データベースを作成する」をクリックしてください。

http://img.ysklog.net/2443-4.png

  • データベースのバージョン:「MySQL5.5」でいいと思います
  • データベース名:任意の名前にしてください
  • 接続用パスワード:データベースに接続するときに用いるパスワードを設定してください(既に設定している場合はここは省略)
  • データベース文字コード:「UTF-8」にしてください

2.データベースサーバ(phpMyAdmin)にログイン

手順1で新規にデータベースを作成したら、下のように「管理ツールログイン」をクリックして、phpMyAdminのログイン画面に移動してください。

さくらインターネット「phpMyAdmin」へのログイン

そして次のように「ユーザ名」「パスワード」「サーバの選択」を設定し、「実行する」をクリックしてください。

さくらインターネット「phpMyAdmin」へのログイン設定

なお、

  • 「ユーザ名」は2つ上の画像の「データベースユーザ名」
  • 「パスワード」は先ほど設定したデータベース接続用パスワード
  • 「サーバの選択」は2つ上の画像の「データベースサーバ」

です。

3.phpMyAdminにMySQLをインポート

phpMyAdminへのログインが完了したら、左サイドバーにあるデータベース一覧から、先程作成したデータベースをクリックします。

さくらインターネット「phpMyAdmin」にMySQLデータをインポートする

次に下の画像のように画面上部にある「インポート」をクリックし、「参照」ボタンからインポートしたいWordPressのMySQLデータをパソコン内から選択してください。

そして「実行」をクリックすればMySQLデータのインポートが開始されるはずです。

なお、インポートするMySQLデータの容量が大きい場合、インポートが失敗するので、その場合【さくらインターネット】phpMyAdminからMySQLのインポートが失敗(タイムアウト?)するときの対処法を参考にしてインポートを行ってください。

さくらインターネット「phpMyAdmin」にMySQLデータをインポートする(詳細設定)

ちなみにインポートが成功した場合、次のようなメッセージが出現します(左サイドバーを確認すると、インポートしたテーブルが記載されているはずです)。

さくらインターネット「phpMyAdmin」にMySQLデータをインポートしたときにでるアナウンス

 

あわせて読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント