仮想通貨Moneroの採掘(マイニング)はじめました!

公開日:
更新日:
カテゴリー: 仮想通貨

最近何かとビットコインやリップル、イーサリアムなどで仮想通貨が盛り上がっていますが、「投資」ではなく「遊びチックなノリ」で私も仮想通貨の採掘(マイニングといいます)をはじめました。

世の中にはクラウドマイニングなるものがあるようですが、私は実機(主にVPSサーバーとごくたまに自宅パソコン)で細々と仮想通貨の一つであるMoneroというものを掘っています。

仮想通貨の採掘?マイニング?

あまり仮想通貨自体が一般的ではないため「仮想通貨の採掘」や「マイニング」という言葉を聞いたことがない人が多いと思うので簡単に説明しておきます。

私も最初はこれらの言葉を聞いて「隠された仮想通貨を探すゲームなのか?」と思いましたが違いました。

ブロックとブロックを暗号でつなげていく作業のこと

まず言葉を整理すると「仮想通貨を採掘すること」を「マイニング」といいます。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、「ブロックチェーン(日本語でブロックとブロックを鎖でつなげる意味)」と呼ばれる技術を使用しており、ブロックとブロックを暗号化してつないでいきます。

図にするとこんな感じです。

ここでいう「ブロック」は取引記録みたいなもので、取引記録を強固な暗号で繋げることで、(悪意のある者からの改ざんを防いで)通貨としての信頼性を作り出しています。

日本円はなぜ価値があるのか?と考えたときに、日本という国に信頼があるから通貨としての価値があるように、仮想通貨も「暗号化されて作り出された信頼」があるから通貨としての価値があるわけです。

これが仮想通貨が「暗号通貨」と呼ばれる所以ですね。

暗号化のお手伝いをすること

仮想通貨の採掘(マイニング)とは、その暗号化のお手伝いをして手間賃を貰うことをいいます。

こうざっくり言うと、ガチ勢の方から「違うぞ」とどやされますが、最初はこんな感じでとらえておくとよいです。

暗号化には莫大な計算が必要

さて、ブロックとブロック(取引記録と取引記録)をつなげていく(暗号化する)には莫大な計算が必要になります。

その計算を何でするか?となったときに演算能力のある以下の端末で行います。

  • パソコン
  • サーバー

もちろん皆さんがお持ちのスマホなどでもできます。

※演算能力が高い端末ほど多くの仮想通貨をもらえます(採掘できます)

Moneroを採掘しています

私は現在、VPSサーバーを使って仮想通貨の一つであるMoneroというものを採掘しています。

上で説明したように再度易しい言葉で言い直すと、VPSサーバーの演算能力を使って仮想通貨Moneroの取引記録を暗号でつないでいって、そのお手伝い料として微量のMoneroを日々貰っています。

仮想通貨Moneroって何?

仮想通貨といえば

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

などが有名ですが、Moneroも仮想通貨の一つで、仮想通貨界隈ではトップ10に入るほどの人気がある通貨です。

ビットコインは暗号通貨と言われていますが、実は取引記録を暗号化で繋いでいるだけで取引記録は全世界に公開されています。

しかしこのMoneroは取引記録も暗号化されるので、

ビットコインにはない特徴を持っている

ということで必ず今よりメジャーとなり、来たるべき「価格高騰」を見込んでせっせと採掘しておこうと目論んでいます。

なぜビットコインを採掘しないのか?

Moneroの存在を知る前は私もビットコインをマイニングしたかったのですが、実はビットコインはマイニングする人が多すぎて、今はごっつい装備(スーパーパソコンレベル)で参入している人(というか会社)がいるので、我々一般人では太刀打ちできません(稼げない)。

また、その他の仮想通貨も「GPU」(Graphics Processing Unitの略で、ゲーミングパソコンとかで使われている演算能力が高いもの)という装備がないと採掘できません。

しかしMoneroは「CryptoNight」と呼ばれる採掘アルゴリズムを採用しており、どんなパソコンにもある「CPU」で採掘ができるのです。

なので私はMoneroのマイニングをしている次第であります。

マイニングする方法

仮想通貨の採掘・・・こう聞くととっても難しい気がしますが、ぶっちゃけかなり簡単に始められます。

必要なのは演算能力のある端末(パソコンやVPSサーバー)とメールアドレスだけです。

その方法は、次の記事を参考にしてください。

私のマイニング環境

自宅のパソコンを使ってもMoneroを採掘できるのですが、一日中フルにパソコンをつけっぱなしてにしてマイニングするのは気分の問題とコストの問題(計算上電気代で赤字になる)が嫌なのでやっていません。

しかし私は、趣味でプログラミングなどをしているのでVPSサーバーという自分専用で使えるサーバーを持っており(リトアニアにある激安サーバー屋Time4VPSで年間契約)、あんまり使っていないので「その元を少しでも取り戻せたら・・・」と考えてVPSサーバーで仮想通貨の採掘をやっています。

VPSサーバーのスペック

Moneroの採掘に使用しているサーバーのスペックは以下です。

  • プロセッサ  :Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2630L v4 @ 1.80GHz
  • CPU    :3.60 GHz (2 x 1.80 GHz)
  • メモリ    :1024 MB + 512 MB SWAP
  • インストールOS:centos-7-x86_64

このスペックを全力(CPU稼働率100%)で採掘すると、ターミナル上ではこのような数値が出ます。

XMR hashrate: 61.10 H/s
XMR hashrate: 59.80 H/s
XMR hashrate: 59.80 H/s
XMR hashrate: 60.00 H/s
XMR hashrate: 62.30 H/s
XMR hashrate: 62.80 H/s
XMR hashrate: 63.40 H/s
XMR hashrate: 63.10 H/s
XMR hashrate: 62.30 H/s
XMR hashrate: 55.20 H/s
XMR hashrate: 54.20 H/s
XMR hashrate: 62.80 H/s
XMR hashrate: 62.90 H/s
XMR hashrate: 61.29 H/s
XMR hashrate: 60.86 H/s
XMR hashrate: 61.90 H/s
XMR hashrate: 63.10 H/s
XMR hashrate: 61.90 H/s
XMR hashrate: 63.50 H/s
XMR hashrate: 63.80 H/s

なお、現在はフル稼働させるとサーバー屋から怒られるかも?とビビってCPU使用率は80%に抑えています。

「H/s」について

上で「〇〇 H/s」とありますが、これはハッシュレートといい、1秒当たりの採掘速度を表現しています。

この数値が大きいほど、1秒当たりの採掘量が大きくなり、多くの仮想通貨を貰えます(パソコンやサーバーの演算能力の違いがハッシュレートの違いとなり、CPUスペックが良かったりGPUを装備していれば数値が上がります)。

Moneroの採掘を継続中

現在、もくもくと私のVPSサーバー(一般的なレンタルサーバーではマイニングはできません)がMoneroを採掘中です。

実はこの記事はけっこう前に書いてたものですが、ずっと公開するのを忘れていたのでMoneroの採掘はあと少しで一か月になります。

とりあえず一か月経ったら「どれくらい採掘できたのか?」の経過報告をしたいと思いますので、楽しみにしていてください。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント