さくらインターネットでPHPのPEARをインストールする

公開日:
更新日:
カテゴリー: サーバー

私が使っているさくらインターネットのサーバー(ライトプラン、PHPのバージョンは5.4)にPEARモジュールをインストールしましたのでその方法をメモしたいと思います。

さくらインターネットのPHPにPEARはあるのか?

PEARをインストールする前に「そもそもさくらインターネットのPHPにPEARはあるのか?」が気になったので基本仕様を調べてみました。

すると「PEARはご自身でセットアップしてください」的な言及があったので、やはり自分でインストールしなければならないようです。

PEARのインストール方法

PEARのファイルを取得

http://pear.php.net/go-pearを右クリック→保存で「go-pear.php」という名前でパソコンに保存します。

上のリンク先のPHPファイルは、インストールするファイルのURL等の修正がされておらず、正常にPEARのインストールができなくなっています。

そのため、http://ysklog.net/wp-content/uploads/go-pear.zipからPEARのインストールファイルを保存・解凍してください。

ファイルをサーバーにアップロード

ダウンロードしたファイルを自分が使っているさくらインターネットのサーバーにアップロードします。アップロードする場所はルートディレクトリ(/home/(ユーザーネーム)/www/)でいいと思います。

そしてアップロードしたファイルのパーミッションは755に変更してください。

ファイルにインターネット上からアクセス

アップロードしたファイルに以下のURLのようにアクセスします。

http://(ユーザーネーム).sakura.ne.jp/go-pear.php

すると、次のような画面が出てきますので、「Next」をクリックします。

PEARのインストール画面

インストール設定

PEARのインストール画面

このような画面が出てきますので、上の赤枠に

/home/(ユーザーネーム)/www/pear

を、下の赤枠に

/usr/local/bin/php

と入力したら、画面一番下の「install」をクリックしてインストールを開始します。

エラーになる場合

このようにPEARのインストールがエラーとなる場合、

Fatal error: Class 'PEAR' not found in /home/○○○/www/program/go-pear.php on line 697

先ほどアップロードした「go-pear.php」の115~120行目あたりの

$bootstrap_files = array(
    'PEAR5.php'            => 'https://raw.github.com/pear/pear-core/master/PEAR5.php',
    'PEAR.php'             => 'https://raw.github.com/pear/pear-core/master/PEAR.php',
    'Archive/Tar.php'      => 'https://raw.github.com/pear/Archive_Tar/master/Archive/Tar.php',
    'Console/Getopt.php'   => 'https://raw.github.com/pear/Console_Getopt/trunk/Console/Getopt.php',
);

を、次のように変更して再度「go-pear.php」にアクセスしてインストールを行えば正常にインストールができます。

$bootstrap_files = array(
    'PEAR5.php'            => 'https://raw.githubusercontent.com/pear/pear-core/master/PEAR5.php',
    'PEAR.php'             => 'https://raw.githubusercontent.com/pear/pear-core/master/PEAR.php',
    'Archive/Tar.php'      => 'https://raw.githubusercontent.com/pear/Archive_Tar/master/Archive/Tar.php',
    'Console/Getopt.php'   => 'https://raw.githubusercontent.com/pear/Console_Getopt/trunk/Console/Getopt.php',
);

追記:この修正でもPEARのインストールができないので、上で紹介しているhttp://ysklog.net/wp-content/uploads/go-pear.zipからPEARのインストールファイルを保存・解凍して再度インストールにチャレンジしてください。

php.iniの編集

しばらくしたらインストールが完了しますので、(たくさんの文字情報が出力されているので)下の方にスクロールしていき、次のような記述を見つけてください。

PEARのインストール画面

Note: To use PEAR without any problems you need to add your
PEAR Installation path (/home/(ユーザーネーム)/www/pear/PEAR)
to your include_path.

上の赤文字部分「/home/(ユーザーネーム)/www/pear/PEAR」をメモし、それを用いてphp.iniを編集します。

さくらのコントロールパネにログイン→アプリケーションの設定の「PHP設定の編集」にいき、次のようにphp.iniにPEARのインクルードパスを設定します。

include_path = ".:/home/(ユーザネーム)/pear/bin"

PEARのインストール画面

パッケージのインストール

次に、PEARをインストールしたフォルダにあるindex.phpにアクセスします。

http://(ユーザーネーム).sakura.ne.jp/pear/index.php

すると、下のような画面が出てきます。

PEARのインストール画面

上の赤くなっている部分は、Basic認証等のアクセス制限がかかっていないので、誰でもアクセスできてしまってセキュリティリスクがある!という警告です。

他者が誰でもアクセスできてしまう状況なので、必ずアクセス制限をかけておきましょう。

パッケージのインストールは、右上の「Search package by name」から行います。

HTTP_Requestのインストール

私はPEARの「HTTP_Request」をインストールしたかったので、右上の検索欄に「HTTP_Request」と打ち込みました。

すると、次のような画面が出てきますので、インストールしたいパッケージの横の緑の「+」マークをクリックするとインストールが開始されます(アラートウィンドウが開き「OK」をクリックし、インストールが完了するまで待ちます)。

HTTP_Requestのインストール

あとは、HTTP_Requestを使用するときに

require_once 'HTTP/Request.php';

のようにインクルードするだけです。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

1:もりもり:2017/03/27 15:53:25

助かりました。ありがとうございます!

コメントフォーム
お名前
コメント