「FMV-BIBLO NB75J」の初期化・リカバリの方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: パソコン

部屋の掃除をしていたらだいぶ前に使っていた富士通製のノートパソコン「FMV-BIBLO NB75J」を発見してリカバリを行ったので、ここではその方法をメモしておこうと思います。

スポンサードリンク

リカバリディスクが必要

発見した「FMV-BIBLO NB75J」を起動してみたら普通に起動できたので、初期化して何らかの用途に使えるかも?と思い、今回「FMV-BIBLO NB75J」をリカバリしました。

なお、リカバリディスクがないとたぶん初期化できないと思います(探すのに一苦労でした)。

リカバリの手順・方法

0.データのバックアップ

初期化・リカバリを行うので当然パソコン内のデータ(Cドライブ)がすべて削除されます。

そのため必要なデータや設定などは必ずバックアップやメモをしておいてください

【ワンポイント】
よく忘れがちになるのがインターネットを閲覧するブラウザに登録しているお気に入りや設定しているプラグインなどです。
これらもバックアップが取れるので、その方法を調べてバックアップを取っておいてください。

1.パソコンにリカバリディスクを挿入

2.パソコン起動時にキーボード「F12」キーを数秒間長押し

3.起動メニューを「CD-ROMドライブ」にする

次のような画面が表示されるので、「3.CD-ROMドライブ」を選択

起動メニュー
1.フロッピーディスクドライブ
2.ハードディスクドライブ
3.CD-ROMドライブ

4.リカバリの選択

リカバリの準備が始まり、次のような画面が出てくるので「リカバリ」を選択

リカバリ
ハードディスクデータ消去

・リカバリ
ソフトウェアをご購入時の状態に戻します。
・ハードディスクデータ消去
ハードディスク上の全てのデータを消去し、再利用を防止します。

5.リカバリに同意する

コンピュータの診断が行われ問題なければリカバリを実行していいか聞かれるので「同意する」のキーボード「Y」キーを押す

6.リカバリの実行

  • ご購入時の状態に戻す
  • 領域を設定したあと、ご購入時の状態に戻す
  • 終了する

の3つのメニューが表示されるので、それぞれの説明文(矢印キーを合わせると下に説明文が表示される)を読んで適切なものを選んでください。

なお私は「ご購入時の状態に戻す」を選択しました。

6.「Cドライブに保存したデータを削除する」に同意

初期化・リカバリを実行するため、当然Cドライブのデータは全削除されます。

バックアップ済みであれば「実行する」(キーボード「Y」キー)を選んでください。

7.リカバリの完了

私の場合、リカバリを実行してから13分ほどでリカバリが完了しました。

これでリカバリは完了です。

個人用メモ

「FMV-BIBLO NB75J」の初期化・リカバリ後に行った各種設定(インストールソフトや)はWindowsXPのパソコンを初期化・リカバリしたあとの各種設定にまとめてある。

「FMV-BIBLO NB75J」は素晴らしいパソコン

今更10年前のパソコンのレビューをしても意味ないですが、「FMV-BIBLO NB75J」はかなりいいパソコンだと思います。

発売日から3年前までずっと使っていても壊れなかったですし、画面も現在使っているモニターと遜色ないくらい綺麗な画面を出力してくれます。

OSはWindowsXPなので既にサポートは切れてセキュリティ的に難がありますが、今回リカバリを行ってすっきりした状態なので、何かの機会があれば使ってみたいと思います(しばらく使ってみましたが、余裕でまだまだ使えるパソコンだったです)。

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント