スポンサードリンク

WindowsXPのパソコンを初期化・リカバリしたあとの各種設定

公開日:
更新日:
カテゴリー: パソコン

だいぶ前に使っていたWindowsXPのパソコンを初期化・リカバリしたときに行う各種設定を自分用にメモしています。

スポンサードリンク

自分用のメモ

「FMV-BIBLO NB75J」の初期化・リカバリの方法に書いてあるように家の片付けをしていたらだいぶ前に使っていたパソコン(富士通製のノートパソコン「FMV-BIBLO NB75J」)を発見しました。

今後このパソコンを使っていろいろ実験的なことをして再初期化することも出てきそうだと思ったので、初期化後の各種設定をスムーズにできるようにメモしておきたいと思います。

初期化・リカバリ後の設定

1.パソコンのセットアップ

リカバリが完了すると、次のような画面が出てくるので、その内容に従って操作する。

復元作業が正常に終了しました。
「リカバリディスク」をドライブから取り出し、「アプリケーションディスク1」をセットしたあと、[Y]キーを押してください。

再起動が完了すると、パソコンのセットアップが始まるので流れに沿ってセットアップを完了させる。

  • 自動更新を有効にし、コンピュータの保護に役立てます
  • コンピューターの名前はデフォルトのものを使用
  • いいえ、今回はユーザー登録しません

にチェックを入れた。

2.「アプリケーションディスク1」の設定

セットアップが完了したら再度再起動され、その後に「アプリケーションディスク1」にあるアプリケーションの設定が行われる。

不要なものがたくあると思ったので「アプリケーションディスク1」にあるアプリケーションはすべて設定しなかった。

3.「アプリケーションディスク2」の設定

続いて「アプリケーションディスク2」の挿入を求められるので挿入。

ここでも不要なものがたくあると思ったので「アプリケーションディスク2」にあるアプリケーションはすべて設定しなかった。

4.無線ランの設定

「FMV-BIBLO NB75J」はかなり昔のパソコンだけどデフォルトで無線ランに対応している。

自宅の無線ランへの接続するようにした。

5.「Office2003」のインストール

リカバリディスクを探している時に「Office Personal Edition 2003」のインストールディスクも発見したので今後何らかのときに使用できるように次のようにインストールした。

  • プロダクトキーの入力
  • ユーザー名の入力
  • 標準インストール
  • 「Webサイトで更新および追加ダウンロードをチェックする」にチェックを入れる

6.「Firefox」「GoogleChrome」の最新版インストール

インタネットエクスプローラーを使ってブラウザ「Firefox」と「GoogleChrome」の最新版のダウンロード・インストールを行う。

※メモ:このときダウンロードした「Firefox」「GoogleChrome」のインストールデータは外付けハードディスクの「完全保存」に保存している

7.「Windows XP Service Pack 3」をインストール

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」から「Windows XP Service Pack 3」のインストールを行おうとしたらなぜかエラーとなってインストールができなかった。

なんとかできるようになったので、その方法はWindowsXPのリカバリ後にServicePack3のインストールを行う方法にまとめてある。

8.Windows XPの更新

Windows XP Service Pack 3のインストールが完了し再起動したあとは、「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」からパソコンの更新を行う。

このとき「Windows Update」に必要なソフトをいくつかインストールするよう言われるのでそれに従う。

更新するものがでてこなくなるまで「Windows Update」を行う。

9.「Office2003」の更新

先ほどインストールしたOffice2003を最新(といっても既にサポートは終了している)のものに更新するため、こちらから更新を行う。

  • Office2003更新プログラム:KB907417
  • Office2003 Service Pack 3
  • Office2003 Junk E-mail Filter(KB2863822)

※メモ:なお「Office2003 Service Pack 3」は念のため外付けハードディスクの「完全保存」に保存している

10.ウィルスソフトのインストール

古いパソコン(WindowsXP)に有料のウィルスソフトを導入するのはもったいないが、丸裸の状態にするのもよくないので無料のウィルスソフトをインストールする。

インストールするウィルスソフトはアバスト(WindowsXPに対応)にする(無料版)。

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント