Android端末でLINEモバイルのテザリングを可能にする方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: 生活

先日、携帯電話のMNPあれこれで使っていたスマホ(Android)にLINEモバイルのSIMカードを入れたのですが、テザリングが上手くできませんでした。

なんやかんやしてテザリングができるようになったので、Android端末でLINEモバイルのテザリングを可能にする方法をまとめておきます。

  • LINEモバイルは特にテザリングを禁止していない
  • 使用している端末にテザリング機能がついている

この場合は設定次第でテザリングができるようになるはずです。

LINEモバイルでテザリング

LINEモバイルの契約のパターンとして、

  • 端末とSIMカードのセットで購入
  • SIMカードのみ購入

の2パターンありますが、私は後者のSIMカードのみの契約を行いました。

LINEからSIMカードが送られてきてこれまで使ってきたdocomoのAndroid端末にSIMカードを挿したところ、APN設定でネット回線は開通したのですが、端末のテザリング機能を有効にしても上手く動きませんでした。

  • LINEモバイルは特にテザリングを禁止していない
  • 使用している端末にはテザリング機能がついている

ことから、設定次第でテザリングができるようになるのではないか?とチャレンジしたところ無事できたのでその方法をシェアしたいと思います。

おそらく、docomoから出されたAndroid端末(もしくはSIMロック解除されたAndroid端末)であれば同様にいけるのではないか?と思われます。

「GALAXY Note II SC-02E」を使っています

ちなみにLINEモバイルのSIMを挿しているスマホですが、4年前にdocomoで契約した「GALAXY Note II SC-02E」を使っています。

  • Androidのバージョン:4.3
  • SIMロック解除済み(docomoからワイモバイルにMNPするときに解除)
    ※LINEモバイルはdocomo回線を使っているのでSIMロック解除されていないdocomo端末であればSIMロックあれこれはテザリング有効化には関係ありません

この端末は画面サイズも大きくてバッテリーの持ちも4年経ってるのに好調なので、個人的に名機!と思っているので壊れるまで使うつもりです。

Android端末でテザリングを可能にするには?

LINEモバイルのSIMカードをAndroid端末に挿してテザリングが可能になればOKですが、可能にならなければ少し難しいこと(やってみれば簡単です)をしなければなりません。

テザリングを有効にする方法を説明する前に、何をやっているのかわからないと気色悪いと思うので、軽く仕組み的な話をしたいと思います。

テザリング機能が有効にならない理由

Android端末自体にテザリング機能が標準装備されているのになぜテザリングできないのか?ですが、LINEモバイルが制御しているわけでなく、端末自体の問題です。

というのも、Androidを搭載したスマホによっては、APN設定でLINEモバイルの回線に設定変更したにもかかわらず、

テザリング機能を有効化したときに端末に記憶されたAPN設定に強制的に切り替わる現象が起きます。

つまり、平常時では(私が設定した)LINEモバイルのAPNが有効なのに、テザリングを有効化するとそのAPNが強制的にdocomoのAPNに切り替えられるのです(docomoを解約しているので、ネットワークが遮断されているのでインターネットが繋がらない)。

強制的にAPN設定が切り替わらないようにするだけ!

ということで、テザリング機能を有効化したときに端末に記憶されたAPN設定に強制的に切り替わるのが原因であれば、端末に記憶されたAPN設定をLINEモバイルのものに変更してあげればよいだけです。

方法

1.デベロッパーモードの有効化

Android端末の「設定」(歯車マーク)をクリックして、下画像のように「その他」に移動します。

そして、「端末情報」をクリックします。

そして「ビルド番号」のところを7回連打します。

※このとき「デベロッパーモードが有効になった」的なものが出ればOKです

次にひとつ前の画面に戻って「開発者向けオプション」をクリックします。

「USBデバッグ」にチェックを入れてください。

このとき、「USBデバッグを許可しますか?」と聞かれるので「OK」を選択してください。

端末に記憶されているAPN設定を確認する

whatsnew-disable」をパソコンにダウンロード・解凍し、解凍してできたフォルダをデスクトップ上において、

そのフォルダを「Shif」キーを押しながら右クリックを行い「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックしてください。

すると、次のようにターミナル画面が出てくるので、

adb shell settings get global tether_dun_apn

コピーして、ターミナル上で右クリックして貼り付けてエンターキーを押してください。

* daemon not running. starting it now on port 5037 *
* daemon started successfully *
error: device unauthorized. Please check the confirmation dialog on your device.

このとき上のようなメッセージが出た場合は、スマホの画面に下画像のようなものが出ていると思うので、「OK」を押してください。

そしてもう一度

adb shell settings get global tether_dun_apn

をコピペしてエンターキーを押すと、

のように表示されます。

なお、私はこの端末をワイモバイルで使っていたので、私の場合はこのようになっています。

ymobile,plus.acs.jp,,,ym,ym,,,,,440,20,3,*

ここで表示されたものは必ずメモしておいてください(これが現在端末に設定されているAPN設定です)。

端末に記憶されているAPN設定を変更する

やりたいことは、上記で表示されたAPN設定をLINEモバイルのものに書き換えればよいので、次のコマンドをコピペしてエンターキーで実行してください。

adb shell settings put global tether_dun_apn LINE_mobile,line.me,,,line@line,line,,,,,440,20,3,*

これを実行して特にエラーが表示されなければ設定完了です。

端末のテザリング機能を有効化させてテザリングが可能になったか確認してみてください。

 

私が使っているAndroid端末では以上の操作でテザリングができるようになったので、試していませんが、おそらく他のAndroid端末でもできると思われます。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント