メタタグでリダイレクトをする方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: HTML・CSS

リダイレクトの方法には、PHPでリダイレクトする方法と、apacheの「.htaccess」でリダイレクトする方法がありますが、PHPや「.htaccess」が使えない環境では、メタタグで対応します。

スポンサードリンク

メタタグでのリダイレクト

メタタグでのリダイレクト方法はいたって簡単で、以下をHTMLの<head>~</head>の間にいれるだけです。

<meta http-equiv="refresh" content="0;url=http://○○○.com/">

※「0」は0秒でのリダイレクトという意味で、ページ閲覧と同時にリダイレクトされます。5秒後にしたい場合は「5」にします。

なお、メタタグでのリダイレクトは一旦ページが読み込まれたあとにリダイレクトがかかるので、無駄なリソースがかかりますし、リダイレクト先でユーザーが戻るボタンを押せばメタタグのあるページに再度戻ってきます。

そもそもリダイレクトって何?

リダイレクトはHTTP転送ともいい、指定したURLにユーザーを瞬時に移動させることです。

ページの移転やURLを変更した場合、変更した側はそれを知っていますが、ユーザーはそれを知りません。なので引越し前のところにアクセスしてきます。この場合、古いページを閲覧させることになりますし、ファイルがない場合は閲覧さえできなくなります。

これでは困るので、サーバー側で「こっちに移動したよ」「こっちにページ情報を移したよ」と誘導します。これがリダイレクトです。

サイト閲覧の仕組み

ちなみに、サイトが閲覧出来る仕組みですが、ユーザーがサイトのページにアクセスするとき、そのサイトがあるサーバーに「ここのページを閲覧したいので情報下さい」とお願いします。そしてサーバーは「はいどうぞ」とページ情報をユーザー(のブラウザ)に渡します。これがサイトの閲覧ができる仕組みです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント