スポンサードリンク

【WordPress】ヘッダ部分に出力される不要な情報を削除する

公開日:
更新日:
カテゴリー: WordPress

WordPressのヘッダ部分(「<head>」~「</head>」の部分)には、バージョンなどの情報がwp_headにフックされて出力されますが、その中には不要なものがあるかと思います。

ここでは、「別になくてもよくね?」と思うヘッダ情報を削除する方法(出力させない方法)をまとめています。

スポンサードリンク

ヘッダ情報を削除する方法

ヘッダ情報は、wp_headにフックされて出力されますので、そのフックを「remove_action」で取り除いてあげれば出力を回避できます。

つまり、このようにします。

remove_action('wp_head', 'ここに削除したいヘッダ情報を指定');

これを使用しているテーマの「functions.php」に記述することで、任意のヘッダ情報を削除できます。

なお、wp_headにフックされているものは「wp-includes/default-filters.php」で確認できますので、その情報を参考にすれば削除できないものはないと思います。

不要なものを削除

個人的に「不要じゃないかな?」と思うものを削除してみたいと思います。

バージョン

WordPressのバージョン情報はあってもなくても変わらないと思いますし、セキュリティ的には不必要な情報を公開してもよくないので、削除します。

remove_action('wp_head', 'wp_generator');

これで以下が消えます。

<meta name="generator" content="WordPress 3.8.1" />

Windows Live Writerでの遠隔投稿用情報

WLW(Windows Live Writer)で遠隔投稿する場合は必要ですが、投稿しない場合は不要なので削除します。

remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link');

これで以下が削除されます。

<link rel="wlwmanifest" type="application/wlwmanifest+xml" href="http://○○○.com/wp-includes/wlwmanifest.xml" />

xmlrpcでの遠隔投稿用情報

xmlrpcでの遠隔投稿をしない場合は不必要なので、削除します。

remove_action('wp_head', 'rsd_link');

これでこれが消えます。

<link rel="EditURI" type="application/rsd+xml" title="RSD" href="http://○○○.com/xmlrpc.php?rsd" />

ショートリンクのURL

ショートリンクのURLは特にいらないと思いますので、削除します。

remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head', 10, 0);

これで以下が消えます。

<link rel='shortlink' href='http://○○○.com/?p=48' />

 

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント