「管理者権限でログインしてもう一度お試しください」の対処法

公開日:
更新日:
カテゴリー: パソコン

Windows10で昔のパソコンゲーム(2003年~2008年ぐらいに発売されたゲーム)をインストールしてプレイしようとすると、

管理者権限でログインしてもう一度お試しください

と出てゲームができませんでした。

何とか遊べるようにしたので、ここではその対処法をまとめます。

管理者権限でログインしてもう一度お試しください

Windows8でゲームしていたKOEIの三國志11を、Windows10のパソコンにインストールしてプレイしようとしたところ

http://img.ysklog.net/4267-2.png

管理者権限でログインしてもう一度お試しください

と怒られてゲームできませんでした(インストール自体は問題なくできた)。

そして言われたとおりに「管理者権限」でログインしてもう一度トライしてみましたがダメでした。

原因

原因をあれこれ調べた結果、

Windows10がコピープロテクトのSafeDiscをサポートしなくなった

からと判明しました。

そのため、SafeDiscを使っているパソコンゲーム(主にKOEIのゲーム?)は、

  • SafeDiscをサポートしているWindows7やWindows8ではゲームできる
  • サポートを打ち切られたWindows8.1やWindows10ではゲームできない

対処法

原因が、Windows10がコピープロテクトのSafeDiscをサポートしていないことに起因しているので、SafeDiscをサポートするようにしてあげれば良いです。

その方法ですが、

にありますが、より簡易的にできるように私の方でも記録しておきたいと思います(なおWindows10の64bitでの方法なので、32bitではできるかわかりません(試してません))。

「secdrv.sys」の準備

「secdrv.sys」というファイルをWindows10のパソコンに適用してあげることで、SafeDiscを採用しているパソコンゲームをプレイできるようになります。

しかしWindows10には「secdrv.sys」というファイルがないので、Windows7や8から「secdrv.sys」ファイルを持ってくる必要があります。

といっても、現在はWindows8や7のパソコンを持っていない人が多いと思いますので、次の方法で「secdrv.sys」ファイルをゲットしましょう。

まず、「secdrv.sys」の作成をダウンロードしてデスクトップに置き、中のファイル類をすべてデスクトップに出してください。

http://img.ysklog.net/4277-1.png

そして「secdrv.sys」ファイル(0バイトの空ファイル)を「SecDrvMagicalPig」(豚のマーク)にドラッグ&ドロップします。

すると

発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?

と聞かれたら「実行」を押してください。

すると上のような画面が出てきますので、これで0バイトの空ファイルだった「secdrv.sys」が22.5KBの「secdrv.sys」ファイルになります。

なお、「SecDrvMagicalPig」(豚のマーク)はもう不要なので削除してください。

「secdrv.sys」の自己署名

作成した「secdrv.sys」ファイルをパソコンに適用してはい終了!なのですが、実は少々面倒な作業が必要になります。

それはドライバファイル「secdrv.sys」の自己署名です。

以下に詳しく説明します。

「Windows 10 SDK」のインストール

「secdrv.sys」の自己署名のためには「Windows 10 SDK」が必要です(無料でインストールできます)。

Windows 10 SDKのダウンロードサイトにいき、「.EXEをダウンロードする」をクリックしてインストールファイルを保存してください(その際、Windows10 SDKのバージョンをメモしてください。この場合「10.0.15063.0」です)。

ダウンロードしたファイル「winsdksetup.exe」をダブルクリックすると、インストール先を聞かれますが、下の画像の赤枠部分にあるデフォルトのインストール先で問題ないと思います。

ここが重要なのですが、上の赤枠部分にある文字列を下のようにメモ帳などにメモしてください。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\

そして、SDKのバージョンと組み合わせて次のようにしてください。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x86\

そして「Next」をクリックして次に進んでください。

このとき下画像のように「Microsoftにデータ等を匿名で送信するか?」的なことを聞かれますが、面倒そうなことは一応「No」にして進みます。

次にライセンスの同意を求められますが、拒否する必要も特にないので「Accept」を選んで次に進んでください。

 

そして「secdrv.sys」の自己署名のために「Windows 10 SDK」をインストールするので、必要なものだけをインストールします(下画像のように選択してください)。

※最初は「Windows SDK Signing Tools for Desktop Apps」のみでいいかな?と思ったのですが、必要ファイルが足りないことが判明し、SDK関連全てをインストールすればOKでした

あとは流れに沿ってインストールを実行してください。

「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」の自己署名

いよいよインストールした「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」を自己署名します。

まずは作業フォルダを作成します。

Cドライブ直下に「secdrv」という名前のフォルダを作成し、その中に豚マークアイコンで作成した「secdrv.sys」ファイルを入れてください。

そしてパソコン画面の左下にある「何でも聞いてください」のところに「cmd」と入力します。

すると次のような画面が出てきますので「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックして下さい。

すると「実行してええか?」的なことを聞かれますが気にせずOKすると、次のような画面がでてきます。

そして

cd C:\secdrv

をコピーして貼り付けて(貼り付けは右クリックのみでできます)エンターキーを押してください。

すると下の画像のようになります。

次に、先ほどインストールした「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」に署名をつけてあげます。

下の文字列の赤文字部分は、先ほど「Windows 10 SDK」をインストールしたときに作成したものです。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x86\makecert.exe" -pe -r -ss my -n "CN=myTest" myTest.cer

では、上の文字列をコピーして、先ほどと同じ要領で貼り付けてエンターキーを押します。

すると、下の画像のようになり、「Succeeded」が出ればOKです。

では、先ほどCドライブ直下に作成した「secdrv」フォルダを見てみましょう。

先ほどまでなかった「myTest.cer」というファイルができています。

「myTest.cer」をパソコンに登録

次に出現した証明書ファイル「myTest.cer」をパソコンに登録してあげます。

下のコマンドをコピーして、同じ要領で貼り付けてエンターキーを押してください。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x86\certmgr.exe" -add myTest.cer -s -r localMachine root

下の画像のように「CertMgr Succeeded」と表示されればOKです。

次に、下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してください。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x86\signtool.exe" sign -v -s my -n myTest secdrv.sys

下の画像のようになればOKです。

これで自己署名の完了です。

追記:エラーがでる

コメント欄にて以下のエラーがでるとの問い合わせがありました。

SignTool Error: Multiple certificates were found that meet all the given criteria. Use the /a option to allow SignTool to choose the best certificate automatically or use the /sha1 option with the hash of the desired certificate.

ざっくり訳すとこんな感じでしょうか。

SignToolエラー:指定された全ての基準を満たす複数の証明書が見つかりました。 「/a」オプションを使用することで、SignToolに最も適した証明書を自動的に選択できます。 もしくは要求された証明書のハッシュを持つ「/sha1」オプションを使用してもよい。

このエラーの原因は、「複数の証明書が見つかった」ということなので、恐らく何度も自己証明書の発行をしたのが原因だと思われます。

この場合は、パソコンからの指示通りに「/a」オプションを付け加えればよいと思います。すなわち次のコマンドを実行してください。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x86\signtool.exe" sign -a -v -s my -n myTest secdrv.sys

確認していませんが、恐らくこれで大丈夫なはずです。

追記:コメント欄にて、この方法でできた旨の報告があったので、この方法でできます。

「secdrv.sys」をパソコンに登録

「secdrv.sys」の自己署名が完了したので、「secdrv.sys」をシステムフォルダにコピーします。

下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してください。

MOVE secdrv.sys C:\Windows\System32\drivers

下の画像のようになればOKです。

テストモードでゲームをプレイ

以上で「管理者権限でログインしてもう一度お試しください」と怒られてプレイできなかったゲームをプレイできるようになります。

最後に注意がもう一つあります。それは、Windows10をテストモードにしないとプレイできないということです(複雑な話は省略します)。

さて、Windows10をテストモードにするのは簡単です。

コマンドプロンプトを管理者として実行して、下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してください。

bcdedit /set TESTSIGNING ON

「この操作を正しく終了しました。」と出れば完了です。

パソコンを再起動してください。パソコンを再起動すると、画面右下に下の画像のような文字が表示されているはずです。

あとは、ゲームのプレイアイコンをダブルクリックすればWindows10でゲームができるようになります(この場合でもできない場合、ゲームのアイコンを右クリックして「管理者として実行」をしてみてください)。

ゲーム終了後はテストモードも終了

ゲームをプレイして、ゲームを終了した場合、ゲームをするためにモードをテストモードにしたので、通常のモードに戻す必要があります。

その方法は簡単で、パソコン画面の左下にある「何でも聞いてください」のところに「cmd」と入力します。

すると次のような画面が出てきますので「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックして下さい。

そして、下のコマンドをコピーして貼り付けてエンターキーを押してパソコンを再起動してください。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

これで通常モードに戻ります。

今後の操作

今後は、ゲームをするときはコマンドプロンプトを管理者として実行して次のコマンドを実行し、再起動します。

bcdedit /set TESTSIGNING ON

そしてゲーム終了時もコマンドプロンプトを管理者として実行して次のコマンドを実行し、再起動します。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

少々面倒ですが、これを繰り返すだけで「管理者権限でログインしてもう一度お試しください」と表示されてできなかったゲームができるようになります。

最後に

今回インストールした「Windows 10 SDK」を今後使用する予定がない場合は、もう不要なので削除して大丈夫です。

また、下の画像にあるCドライブ直下に作成した「secdrv」フォルダも不要なので削除してOKです。

 

あわせて読んでほしい!

 

コメント

1:このようなエラーが出ます:2017/05/08 17:59:43

C:\secdrv>"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86\signtool.exe" sign -v -s my -n myTest secdrv.sys

The following certificates have been found to be suitable for signing:
Issued to: myTest
Issued by: myTest
Expires: Sun Jan 01 08:59:59 2040
SHA1 hash: C3B6B1CA0D60AF8EE47F1B8E245E4594C6D417CA

Issued to: myTest
Issued by: myTest
Expires: Sun Jan 01 08:59:59 2040
SHA1 hash: AABD6CE4216E5267AFC8E1A8704730F85DF875E7

SignTool Error: Multiple certificates were found that meet all the given
criteria. Use the /a option to allow SignTool to choose the best
certificate automatically or use the /sha1 option with the hash of the
desired certificate.
The following certificates meet all given criteria:
Issued to: myTest
Issued by: myTest
Expires: Sun Jan 01 08:59:59 2040
SHA1 hash: C3B6B1CA0D60AF8EE47F1B8E245E4594C6D417CA

・・・

この部分でこういうエラーが出ます
何度も試してしまったからでしょうか?
どうすればいいか分かれば教えてほしいです

2:管理人:2017/05/08 21:30:42

解決方法はエラー文にあるように「a」オプションを付け加えるとよいと思います。
記事中に追記したので、確認してください。
なお、この方法でうまくいった場合には報告をして頂くと助かります。

3:このようなエラーが出ます:2017/05/09 9:14:38

おお~
できました~w
ありがとうございました!

4:困りました:2017/05/21 20:30:05

「secdrv.sys」をパソコンに登録までは出来たのでテストモードで起動すべく
コマンドプロンプトに「bcdedit /set TESTSIGNING ON」を入力したら以下の文字がでました。
どうすればいいのでしょうか?
何卒ご教授願います。

C:\WINDOWS\system32>bcdedit /set TESTSIGNING ON
要素データを設定中にエラーが発生しました。
この値はセキュア ブート ポリシーによって保護されているため、変更または削除できません。

5:管理人:2017/05/22 18:21:52

こちら
http://pasofami.game.coocan.jp/Win10_DrvIns.htm
のサイトに対処法があります。

6:ナナセ:2017/06/29 22:55:56

はじめまして。
数年ぶりにシムピで遊びたくなり、windows10で遊べるようにするために色々調べていたところこのサイトへ辿り着きました。

Windows 10 SDKのダウンロードサイトへ行くと、スタンドアロンのSDKをダウンロードという項目がなく「.EXEをダウンロードする」か「.ISOをダウンロードする」しかなかったので.EXEをダウンロードし、インストールしようと思ったのですが、必要なものだけ選択してインストールする画面に、Windows Software Development Kitというのがないのです。
この場合は、どれを選択してインストールすればいいのでしょうか?
お時間がある時にでも回答いただければと思います。

7:管理人:2017/06/30 21:33:14

ナナセさん
昨夜からパソコンの初期化等を行って検証していますが、少し手こずっているので数日間お待ちを!

8:ナナセ:2017/06/30 23:44:08

ありがとうございます、お手数かけて申し訳ありません><

9:ツアラーZ:2017/07/01 17:59:55

わからづらいサイトが多い中、丁寧な説明をありがとうございます。
さっそくトライしましたが、
MSのDLサイトで上記説明と違い、(おそらくナナセさんのコメントと同じ)「MSI TOOLS」の下に”WINDOWS SDK ~”と8種類程出ましたので、8種類全部インストールしました。

その後、cd C:\secdrvの入力までは上手く行きましたが、

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86\makecert.exe" -pe -r -ss my -n "CN=myTest" myTest.cer

入力後に下記エラーが出て勧めません。

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86\certmgr.exe"は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。

恐れ入りますが、ご検証頂けたら助かります。
よろしくお願いします。

10:管理人:2017/07/01 21:49:53

ナナセさん、ツアラーZさん
遅くなりすみません。記事の修正を行いましたので参考にしてください。
なお、初期化して動作検証してみたところ「三國志11」という昔のKOEIゲームでは確かにプレイできることを確認しました。

11:ツアラーZ:2017/07/02 17:13:39

ありがとうございました。

ただ、残念ですが結果は前回書いた内容と同じところでエラーになりました。
諦めます。

12:管理人:2017/07/02 23:03:54

ツアラーZさん
叩くコマンドにWindows 10 SDKのバージョン(私の場合は「10.0.15063.0」)を加えてもダメだったでしょうか?
原因は「makecert.exe」や「certmgr.exe」のパス指定がずれているためだと思われますので、
「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86」までいき、それらのファイルまでのパスを把握すれば成功するかと思います。

13:ナナセ:2017/07/02 23:49:29

管理人さん、わざわざ検証してくださってありがとうございました。
丁寧でわかりやすい説明&速いレスポンスとても助かりました。
おかげで無事にプレイしたかったゲームをすることができました!
本当にありがとうございました。

14:ツアラーZ:2017/07/05 0:36:34

出来ました。
ありがとうございます。
下記のアドバイスを元に、指定場所を探して打ち込んでうまくいきました!
素人の質問に答えていただきましてありがとうございました。
三国志9も動きました!

>原因は「makecert.exe」や「certmgr.exe」のパス指定がずれているためだと思われますので、
「C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86」までいき、それらのファイルまでのパスを把握すれば成功するかと思います。

15:管理人:2017/07/05 11:59:03

ツアラーZさん
良かったです!原因はパス指定だったと思われますが、具体的にどんな感じでしたか?(「10.0.15063.0」のような数字の羅列が違いましたか?)

話は変わりますが、三国志9も面白いですよねw私も実は三國志ファンでファミコンから数えて全てのバージョンをやっていますw
昔のゲームが10年以上進化したパソコンで動くって凄いことですよね。
そして10年経ってもゲームしたいと思わせるゲームたちもなかなかのものです。

16:ツアラーZ:2017/07/05 21:19:41

ワタシは初期化せずに、何度かWindows SDKセットをインストールしたせいか、下記のようなパスでした。
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x86\bin\10.0.15063.0\x86

17:管理人:2017/07/06 1:28:00

私と全然パスが違いますね。
パソコンの違いによってパスの違いがでるのかSDKのインストールあれこれでパスが変わるのかわかりませんが、情報ありがとうございます。

18:エイミー:2017/07/21 21:12:52

こんにちは。押し入れにしまい込んでいた三国志9が出来なくなって途方に暮れていたところ、このサイトを見つけました。
非常に丁寧に解説をしていただき、PC初心者の私にもある程度内容を理解することが出来てほっとしています。
ただ、SDKのダウンロードを行い、インストールをしようとすると
Locate content
Setup cannot locate WPTx64-86_en-us.msi
という表示が出てきて、そこから全く進めません。
当方、ろくなパソコン知識も持たない初心者ですが、解決の方法をご教授いただけないでしょうか?

19:管理人:2017/07/22 13:24:50

エイミーさん
こんにちは。お使いのパソコンはWindows10の64bitですか?

20:エイミー:2017/07/22 19:02:14

お返事ありがとうございます。
使っているパソコンはWindows10の64bitです。

21:管理人:2017/07/27 18:28:23

エイミーさん
遅くなりすみません。自分の方で再度SDKをインストールしましたが問題なくインストールできました。
エラーの内容は「WPTx64-86_en-us.msiが見当たらない」ということですが、私のパソコンで検索をかけてもそのようなファイルはありませんでした。
SDKをインストールするときになぜエイミーさんのパソコンがそのファイルを要求するのか謎です

22:みう_いし:2017/09/01 17:11:51

Officeの再インストールに利用させてもらいました。
Windows10にしたら、Officeが動かなくなり、アンインストールして、再インストールしようとしたら、管理者権限エラーで、できなかったんです。
困っていたので、とっても助かりました。ありがとうございました。

23:管理人:2017/09/02 3:39:08

みう_いしさん

なるほど!昔のゲームをWindows10でゲームできるように記事をまとめましたが、Office製品(パワーポイントとかエクセルとかですかね?)の再インストールにも役立つのですね。
お役に立ててよかったです!

24:shu:2017/09/19 13:26:41

先ほどインストールした「Windows 10 SDK」を使って「secdrv.sys」に署名をつけてあげます。
のところで

内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
と出てしまいます…

25:俺様:2017/11/16 17:24:39

動いたわ
マジでありがとう

Visual Studioで署名する方法では何か上手くいかんかったけどこっちなら一発でいけた、もし同じような感じで失敗してるユーザーがいるならこっちをすすめる

26:luka:2017/11/17 16:30:16

このサイトのおかげで、アドバンスド大戦略5が復活しました。とても助かりました。ただ、最新のWindows kitだとフォルダの配置が異なっていて、サンプルのコピペだけでは動きませんでした。中坊の頃、DOSいじってたのがこんなとこで役に立ちましたよ 笑。
たまたま、たどり着きましたが、大変感謝です。

コメントフォーム
お名前
コメント