SIMパンチを使って「マイクロSIMカード」を「ナノSIMカード」にカットしてみた

公開日:
更新日:
カテゴリー: 生活

最近、格安SIMの代表格であるmineoを契約して「マイクロSIM」を注文したのですが、docomoのスマートフォン(SIMロック解除済み)に差して使おうとしたところ、通信規格が違ったため使えませんでした。

プランの変更(SIMの交換)には事務手数料が2000円かかるのでなんだかなーと思ったので、SIMサイズを変更してau機種に差して、テザリング運用することにしました。

そこで、SIMサイズを変更するためにSIMパンチという器具を購入して、SIMのカットを試みました。

SIMカードをカットする

SIMカードをカットする器具として、iP製のSIMパンチを購入しました。

amazonのレビュー評価もよく、価格も安かったので、2000円の手数料を取られるよりもマシかな?と思っていざチャレンジです!

ちなみにSIMパンチには以下の器具が入っていました。

  • SIMパンチ(右)
  • SIMカードアダプター(左)
  • やすり(上)
  • SIMカードアダプター(真ん中 右)※なぜか2つあるw
  • SIMカードアダプターの収納板(真ん中 左)

SIMパンチの使い方

SIMパンチの使い方はいたって簡単で、SIMパンチにある専用の穴にカットしたいSIMカードを差し込んでエイッ!!と押し込むだけで

  1. 通常のSIMカード→マイクロSIM
  2. マイクロSIM→ナノSIM

にSIMサイズを変更できます(詳細は事項)。

※通常のSIMカードをナノSIMにしたい場合は、2回パンチする必要があります。

カットするSIMカード

今回は、2枚のSIMカードをカットしてみます。

  • 左:ワイモバイルのマイクロSIM(練習用)
  • 右:mineo aプラン(au回線)のマイクロSIM(本番用)

一発勝負は怖いので、まずは以前使ってたワイモバイルの使用済みSIMを練習としてカットし、2回目に本番としてmineoのマイクロSIMカードをナノSIMカードにサイズ変更したいと思います。

マイクロSIMカードをナノSIMカードにサイズ変更

SIMパンチを裏返して、穴にマイクロSIMカードを差します。

※SIMカードの欠けている部分を外側にします

次に、金属部分が最も大事なので、金属部分を極力カットしないでいいように位置を微調整します。

そのあと、位置がずれないようにひっくり返し、最初はゆっくり手のひらで押して、パンチの部分がSIMカードに触れた感触があれば、そこから思い切って押し込んでください。

すると、次のようにマイクロSIMカードがナノSIMカードにカットされます。

金属部分をカットすることなく、かなり上手にカットできたと思います。

あとは、使用したいスマートフォンに入れてちゃんと使用できるかチェックしてください。

※カットしたSIMカードは若干大きめなので、付属のやすりで余分な部分を削ってください(けっこう簡単です)

いざ、本番!

次に、本番としてmineo aプラン(au回線)のマイクロSIMカード(右)をカットしてみます。

練習でカットしたSIMカード(左)と比較して、どうみても金属部分が大きいので(SIMカード丸ごとの大きさは2つとも同じです)、金属部分を切らざるを得ないことがわかります。

これを念頭に置いて、なるだけ切る金属部分が左右均等になるようにセットします。

※SIMパンチの構造上、写真のように左側部分の金属がはみ出ます(多く切れます)

実際にカットしたのがこちら。

予想通り金属部分が多く切れています・・・・使えるのかこれ・・・

ナノSIMカードとして認識されるのか!?

マイクロSIM→ナノSIMにカットしたSIMカードをau純正端末に入れてみたのですが、悲しいことに認識されませんでした・・・

なんてこった・・・

原因

認識されなかった原因として考えられるのは、

  1. 金属部分が大きくカットされたため
  2. SIMカード自体の規格が違うため

のいずれかだと考えられます。

「2」に関しては、ちょうどau(純正)のナノSIMカードがあったので見てみたのですが、mineoのaプランのマイクロSIMカードをナノSIMカードにしたものと見比べたらところ、どうみても金属部分のデザイン(規格!?)が違うことがわかりました。

正確な原因はわかりませんが、今回のSIMサイズ変更作戦は失敗しました(´・ω・`)

素直にSIMカードの変更が吉!?

今回、SIMカード変更に事務手数料2000円をケチるためにSIMパンチを購入しましたが、結局SIMカードの変更をせざるを得ないことが判明したため、おとなしく最初からSIMカードの変更をしておけばよかったというのが本音ですw

まぁいろいろと楽しかったので良しとします。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント