熊本でおすすめの歯医者を紹介するよー!

公開日:
更新日:
カテゴリー: 生活

一年間ほど放置していた虫歯たち(複数形ですw)が痛み出し、ここ3週間ほど我慢していましたが、痛みの限界を感じたので熊本県上益城郡嘉島町にある「ひがし歯科医院」という歯医者さんに行ってきました(熊本市内から車で余裕で行ける場所にあります)。

行ってみた感想として、

  • 短期で集中して治療してくれる
  • こちらの要望を聞いてくれる
  • 不要な薬は申し出れば処方をやめてくれる

など「ここの歯医者いいなー」という感想を持てたので、紹介を兼ねて記事にしたいと思います。

最寄りの歯医者さんにいくのは辞めた

あんまり住みはブログに書きたくないのですが、私は熊本市中央区に住んでいます。

そして今回虫歯を治療してもらった歯医者さんは上益城郡にあります。

なぜ熊本市に住んでおいて熊本市外の歯医者にいったのか?ですが、次のような理由があったからです。

ダラダラ治療されるのに嫌気がさした

私は昨年、虫歯で歯が痛み出して15年ぶりに近所の歯医者にいきました。

  • 15年ぶりの歯医者だった
  • 歯磨きは基本的に朝の一回しかしないw
  • コーラやスナック菓子など虫歯が好きなお菓子を食べまくる

こともあって、かなりの本数の虫歯がありました。

なので近所の歯医者で治療を受けていたわけですが、

ダラダラ回数を重ねる治療

に不満がたまっていきました。

もちろん、複数の虫歯があるので治療回数が多くなるのは理解していたのですが、治療のペースが本当に遅かったんです。

具体的には、一つの虫歯の治療に1~3回かけて、歯医者にいく回数が無駄に多くなりました(銀歯などの型取りなどで回数がかかるのは妥当ですけど、反対側の虫歯を同時に治療してくれたりとかはしてくれませんでした)。

そして何が一番困ったかというと、超絶ブラックな職場に勤めていたので、なかなか歯医者にいく時間もありませんでした。

そして行かなくなった

最初は歯が痛いので歯医者にいって治療を受けたのですが、緊急度の高い虫歯の治療が終わってから、

  • 仕事との兼ね合いもあって何回も歯医者にいくのが厳しくなった
  • 予約の時間通りに行っても何故か15分くらい待たされることが多く は? って感じになった
  • 治療回数で点数稼いでるんじゃないの?という不信感が芽生えた

これらの理由があって、わたくし・・・

虫歯の治療を途中で放置

しちゃいましたw

そして一年後・・・

虫歯を一年間も放置したので、さすがに進行したのか左奥歯のあたりが痛み出し、我慢できなくなって歯医者にいくことにしました。

しかし、前回と同じ歯医者にいくのは癪に障るので、短期で集中的に虫歯を治療してくれる歯医者を探すことにしました。

  • 熊本市 歯医者 短期
  • 熊本 歯医者 集中治療
  • 熊本 虫歯 短期治療

などの検索をかけまくり、すぱっと虫歯を探してくれる歯医者を探しました。

熊本でおすすめの歯医者

検索して出てきたよさげな歯医者に片っ端から電話をかけて

ダラダラした治療は嫌だお!短期で集中的に虫歯の治療って可能かお?

と問い合わせを行い、「治療時間の枠が取れれば可能ですよ!」と歯切れのよい返事をくれたひがし歯科医院というところにいくことにしました。

場所的に、江津湖公園の近くなので、熊本市内から車で行ける場所にあります。

おすすめポイント

行ってみた感想としては、概ね満足な治療でした。

おすすめなポイントを簡潔に書くとこんな感じです。

  • 最初に歯科助手の人と治療方針などの話ができて、こちら側の要望を伝えられる・話を聞いてくれる
  • 治療中も丁寧に説明してくれる(自分の体の一部なのでめっちゃ質問しましたw)
  • 一度の治療で複数の虫歯を治療してくれる
  • 初回にもらった薬が余っていることを伝えたらその薬の処方をキャンセルしてくれた

などなど。

短期で集中して治療してくれた

一番嬉しかったのが、やっぱり短期で集中して虫歯を治療してくれたところです。

ダラダラ治療回数が増えると診察料もかさむし、何より歯医者に行く手間と往復の時間がもったいないので、素早く治療してくれたところが本当に良かったです。

  • 虫歯に侵された左上と右上の親知らず
  • 左右2つずつの虫歯

の合計6つの虫歯があったのですが、一回の治療で

  • 片方の親知らずを抜く
  • 片方にある虫歯2つを治療する

でわずか2回で虫歯自体の治療が終わりましたw

本来は患者さんの状態をあんじてゆっくり治療するのがデフォだと思いますが、私が「短期で」「集中して」という要望を伝えたでその要望に沿った治療をしてくれました。

インフォームド・コンセントが充実!?

最初にひがし歯科にいって驚いたのは、治療の説明やこちら側の要望に親切なところです。かっけぇ言葉でいうとインフォームドコンセントが行き届いてる感じですw

最初に受付をしたのですが、受付のお姉さんからこういう冊子をもらいました。

中身は、これらです。

  • ひがし歯科とは何なのか
  • やらないと大変!予防の話

という冊子が入っており、ひがし歯科の院長のおっちゃんの歯医者魂がもろに詰まっていますw

一番感銘を受けたのが、右にあるパンフレットに記載されていた

ホスピタリティを持っていて
あなたの事を一番大事に想い
そのための努力を惜しまない
そんな歯科医院を目指しています

という言葉です。

まぁパンフレットなのであることないこと書けますが、自分的にはおおむね満足な治療でした(この言葉と違う治療だった場合、ブログでけちょんけちょんに文句書くところでしたw)。

治療前の面談

初回は治療に入る前に歯科助手のお姉ちゃんが面談をしてくれました。

受付で歯に関するアンケートを記入したのですが、それに沿って話を進めていき、こちら側の要望を聞いてくれます。

自分は、

ダラダラ治療されるのはほんとに嫌だお!素早く治療を終わらせたいお!

と伝えたところ、初回から親知らずを一本抜いて、虫歯を2つ治療してくれました(事前に電話で、初回から一気に治療したい旨を伝えるとよいと思います)。

歯の検査結果をもらえる

初回の治療では、歯の検査をしてくれて、このような冊子をもらいました。

1ページ目には現在の歯と口の生活習慣と状態、今後の治療方針が書かれています(最初にデジカメで歯の様子をパシャパシャ撮られてなんやねん!?と思いましたが、デジタル画面に投影したりこういう冊子を作ったりとかなりハイテクでした)。

2枚目は、歯周病の検査結果です。

棒みたいな医療器具で歯ぐきを押して、4mm以上押し込まれれば歯肉炎・歯周炎のリスクがあるとのことで、私は両側の奥側にその兆候が見られました。

3枚目は歯の状態をデジカメで撮られたものです。

きったねぇー口内でサーセンww

4枚目は私のレントゲン写真です。

歯が白く塗りつぶされているところは銀歯で、歯ぐきに埋まっていない歯の部分の黒ずみが虫歯の部分です(わかりづらいですね)

それにしても自分の歯の状態、歯並びともにガチャガチャして汚いですねw

よい歯医者の見つけ方

歯医者って割と乱立されていて競争があって、経営も楽ではないと個人的に思っています。

なので、患者の立場ではなく経営側の立場で運営している歯医者も割と多いんじゃないかと勝手に推測しています。

  • 診察料を稼ぐために回数を増やす歯医者
  • 儲けが大きい治療方法を選ぶ歯医者

個人的にはこういう歯医者にはいきたくないので、私はネットで調べたのですが、

  • 歯医者のホームページ:あたりまえだけど歯医者側に有利な情報しか載っていない
  • 歯医者の口コミサイト:食べログみたいにやらせとかステマとか普通にありそうで信用できない

などの理由で、私はネット検索してよさげなところに電話してこちらの要望を聞いてくれるか質問しました(中には電話応対がなっとらん歯医者もありました)。

知人・友人に聞くのがベスト

ネット検索して電話して質問する・・・実際に私はこの方法をとりましたが、けっこうだるかったです。

なので一番手っ取り早いのが、自分の知人や友人に「おすすめの歯医者知ってる?」と聞いて生の情報をもらったほうが確実な気がします。

やっぱりネットは便利ですぐに欲しい情報が手に入りますが、face to face ではないので情報の真偽を確かめるのは無理ゲーです。

ちなみに、この記事も私のステマかもしれませんよ?w

てな感じで、やっぱりよい歯医者さんは自分の知り合いから聞くのがベストだと思います。

※ちなみにこの記事は誰からも依頼されたりしておらず、純粋に私の感想を書いております

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント