また来やがった!NHK受信料を拒否する方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: 生活

また来ました、NHK受信料の徴収員が

来るたびに「テレビありません」の一言で契約&支払い拒否をしているのですが何度もやってきます。

まぁ徴収員も仕事でやっているので仕方ないですが、さすがにしつこい・・・

ここではNHK受信料をスマートに拒否する方法をまとめています。

NHK受信料を拒否する方法

自宅にNHK受信料の徴収員がやってきたときの撃退法ですが何も難しくありません。

「テレビありません」この一言で解決です。

「壊れてて・・・」とか「先日捨ててしまって・・・」とか不要なことは言う必要ありません。

「テレビないです」と申告すれば相手は引き下がるほかありません。

具体的なやりとり・・・

私のところには定期的に(1年に1~2回)NHKの受信料徴収員が来るのですが、毎回このようにして断っています。

こんにちは。
NHKのものですけど・・・

お疲れ様です。
NHK受信料の契約ですかね?
うちにはテレビありませんので・・・

テレビを視聴できるスマートフォンやカーナビなどはありませんか?

持っていません。

そうですか。
失礼します。

私の場合はこれだけで毎回すんなりと引き下がって帰ってくれます(まぁ半年後とか一年後にまた来ますがw)。

強引な場合もある

ただいろいろと話を聞くとしつこい徴収員もいるようです。

しかしこの場合も法的根拠はあとで説明しますが「テレビない」の一点張りでOKです。

テレビありません。

本当ですか?

本当にないですよ(ニコ

家に上がって確認できますか?

散らかってて趣味のものも置いてあるのでそれはできません。

もしも勝手に上がろうとしたら・・・

警察に通報してNHKに抗議しますよ?会社名とお名前教えてください。

これで絶対に引き下がります。

なぜなら、相手方も法律に則ってやらなければならないため警察事は絶対に避けなければなりませんし、NHKの下請けなのでNHKに苦情が入ったことによる指導も避けたいからです。

そもそも勝手に他人の家に上がり込むのは「住居侵入罪」で犯罪です。

また、もしもずっとインターホンや玄関に居座ろうとした場合は次の一言でOKです。

すみません。今〇〇〇で忙しいのでお引き取り頂いていいですか?

これで徴収員は帰ると思いますが、これでも帰らない場合は再度警察への通報とNHKへの苦情のことを言えば相手は絶対引き下がります。

家主が「帰れ」といったにも関わらず帰らない場合は「不退去罪」という立派な犯罪になるようです。

電波が出てる!?

面白さ追求!趣味特化型ブログさんのこのNHK受信料の断り方*実は義務ではない!?金額を払わない方法(撃退法やNHK受信料のことなどが詳しく書かれている)という記事をみて初めて知ったのですが、最近では特殊な装置を持ってきて「電波が出てる」といって契約を迫るパターンもあるようです。

これは実際にテレビやスマフォを持っていればかなりドキッと動揺して向こうのペースになってしまいますが(それが相手の作戦)、そんな装置を主題に置くと相手側がはるかに有利になるので次のように対応しましょう。

この家から電波が出ています。

この装置の仕組みや精度はこちら側は一切関知していないですし、テレビやスマフォは持っていないのにおかしいですね。

この装置はですね・・・

と説明して向こうのペースにしてこようとしてきますが、

そうなんですね。
でもテレビはもっていません。

で大丈夫です。

受信料を拒否するときの注意点

上の方法でほぼ100%NHK受信料の契約を回避できますし、頭のねじがぶっ飛んだ徴収員以外は引き下がると思います。

ここでは受信料を拒否するときの注意点をまとめます。

  • 邪険な対応はしない
  • 契約は絶対しない

邪険な対応はしない

NHK受信料の徴収員って実はNHK本体の社員ではありません。NHKから受信料徴収の委託を受けている会社員です。

もしも私がその社員だったら、はっきり言ってそんな嫌がられる仕事はしたくありません

でも徴収員は給料をもらって生活をしなければならないため、仕方なくそれをやっているはずです。そしてモチベーションもかなり低いはず。

そのうえ訪問先に伺って相手から邪険にされたらさすがにイライラするのは当たり前です(人間だもの)。

相手は自分を写す鏡

徴収員も人間です。邪険にされたら何としてでも払わせてやろうとしつこくするのも無理はない話だと思います。

実際、私のところに来る徴収員は「テレビありません」の一言で帰っていきますが、姉のところに来る人はかなりしつこくて態度も悪いようです。

詳しく話を聞いてみると、姉は露骨にイライラを全面に出して対応しているようです(まぁ受信料を払いたくないのでトガる気持ちはわかりますが)。

徴収員はノルマを課されてしたくもない受信料徴収をやっているので、なるべく丁寧にお断りするのが相手にも自分にも良いことではないでしょうか?

相手は自分を写す鏡です。こっちがイライラ邪険に対応したら向こうもそれに似た対応になるのは仕方ありません。

契約は絶対しない

これはかなり大事なことです。

NHK受信料は「テレビがない」の一言で撃退できますが、一度契約してしまうと「テレビがある」ことになり解約するときには

  • 解約書類の提出
  • 「テレビがない」証明

が必要になります。

「テレビがない」証明のためにはテレビを処分して処分時の証明書(リサイクルなんたらのやつ)を解約書類に添付する必要があるようです。

言わずもがな一度NHK受信料を契約してしまったら本当に「テレビがない」状態にしないと解約することはできなくなります。

徴収員にしつこくされたり言葉巧みに誘導されても決して契約はしないようにしてください。

何も難しいことはありません。「テレビありません」と落ち着いて丁寧に対応するだけでいいのです。

NHK受信料の法的あれこれ

ここで「NHK受信料」に関する法的あれこれを考えてみたいのですが、ぶっちゃけ私の家にはテレビありまぁ~す(小保方さん風)。

ただし、マジでめったにテレビ見ません。NHKとかほんとに見ない。紅白歌合戦とかもう10年以上は見てないかもしれません(ガキ使派です)。

そしてふと考えたら

テレビがあるのにNHK受信料を支払わないのは犯罪ではないのか?

と思い立ったわけです。

契約しなければならない

NHK受信料の契約うんぬんの法的根拠についてはよく放送法 第64条(受信契約及び受信料)が引き合いに出されます。

  1. 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
  2. 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。
  3. 協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。
  4. 協会の放送を受信し、その内容に変更を加えないで同時にその再放送をする放送は、これを協会の放送とみなして前三項の規定を適用する。

と「契約しなければならない」とばっちり記述されており、この時点で私はテレビを持っているのに契約していないので放送法 第64条の1項に違反していることになります・・・

支払い義務はない!?

この時点で法律違反を犯していますが、時速60kmの公道を時速65kmで走って道交法を違反している軽微な犯罪ということで目をつむってくださいm(__)m

さて、このことについて詳しく調べてみたところ先ほどの記事にかなり詳しく書かれていました。

  • 「契約」の義務については書かれているが「支払い」の義務には触れられていない
  • 放送法には罰則規定がないため逮捕や禁固刑などはない

そのためNHKが主張する「支払い義務」というのは放送法が根拠ではなくNHK側が定めている規則によるものらしいです。

利用してないサービスに金は払いたくねぇ!

「契約義務」がある時点で自動的に「支払い義務」が発生してテレビがある私は法律違反かつNHK受信料の支払いをしなければなりませんが、

そもそも見てもいないし見たくもないのに勝手に放送電波飛ばして金払え!はさすがに横暴すぎな気がします。

世の中のあらゆるサービスは料金支払者のみそのサービスを受けられる仕組みになっていますが、NHKだけではないでしょうか?勝手に電波飛ばして金払え!ってやってるのは。

子供じみた理論ですが、やっぱり「利用していないサービスに金は払いたくねぇ!」っていうのが私の考えです(NHKに訴えられたら裁判で負けて受信料の支払いをしなければならないですが)。

まとめ

放送法 第64条1項によってテレビがあれば受信料の契約をしなければならないが、その違反をしても「刑事罰」は一切ない。

したがって「テレビがない」と主張すれば(嘘をつけば)受信料の契約はしなくてよい。

そしてNHKの徴収員はその嘘を確かめる術も実行力も一切ない。

故にNHKの受信料は「テレビない」の一言で拒否できる。

 

あわせて読んでほしい!

 

コメント

1:光子:2019/05/17 16:28:49

NHK 地上放送の受信契約はしているが、BSの契約を要求して来た場合の対処方?
実際NHKのBSは見ていないので。

2:安部譲二:2019/05/20 20:42:38

今はさ、子供の給食費払わねぇ親だとか、入院費や医者代踏み倒す輩がいる時代だからな。
払うものはちゃんと払った方がいいと思うがね。まともな人間ならな。
おれは元やくざだけどさ、あんたは根性がやくざだよね。

3:無名人:2019/05/21 12:40:50

私は NHK とやらへ もう何年も料金を払っておりません。いくら『放送法で決められている…』と言えども、《蒲焼屋とか団子屋の前を通りかかって匂いを嗅いだら『お前!匂い嗅いだんだから金払え‼』みたいな論理》は、全くもって納得行く訳ないでしょう!! 先日、『NHKの者⁈』が来て カミさんが対応しました。『裁判云々』言ってたそうです。 『厭らしい‼』の一言に尽きます。以上 

4::2019/05/30 21:09:24

たった今、NHK が来ました❗
寝ている時に来たので『いやです』と言ってインターホンを切りました。

5:アンチNHK:2019/06/10 13:20:29

次の最高裁判事の審査は、全部不可(x)つけましょう。

6:名無しさん:2019/06/17 11:19:26

誰だって糞みたいな奴に金を渡したくない。
NHKとか見れなくなっても一切困らんから早く消滅して下さい。

7:一言いいたい:2019/07/07 16:34:59

つい最近、うちにも夜の8時とか9時ごろに未払いのおうちを
一軒一軒チャリンコで訪問するいつもの徴収員が来ていた。

毎回断られてしばらくして引き上げていきますが

確かに放送法で払わなければならないのかもしれませんが
今のご時世、ユーチューブやら無料動画などタダで見れるのに
利用していないものに対してなぜお金を払わなければいけないのか?

そもそも法律の内容も今にそぐう形になっていないし
NHも受信拒否しているところや、支払わないところには
スクランブルをかけて有料課金しているところ以外は
見れないようにすればいいだけのことなのに

またテレビや携帯を購入するとき店員さんから携帯料金以外に
NHK受信料も発生しますよなんてだれも言いませんよね!

裁判をちらつかせて、あの手この手で年寄から恐喝まがいの
違法徴収しているほうが問題だ!

コメントフォーム
お名前
コメント