スポンサードリンク

【mod_rewrite】フラグ

mod_rewriteで使用するフラグをまとめています。

スポンサードリンク

RewriteCondで使用するフラグ

NC 大文字小文字の区別をせずにパターンマッチを行う。「no case」
OR RewriteCondの条件を「or」でつなぐ

上記フラグは、RewriteCondの第3引数で指定します。

RewriteCond 対象文字列 条件パターン [○○]

複数のフラグを使う場合はカンマで区切ります。 [NC,OR]

RewriteRuleで使用するフラグ

R

指定したURLにリダイレクトする。(redirect)

【例】「R=301」で301リダイレクト

F 現在のURLへのアクセスを禁止にする(403エラーを返す)。(forbidden)
G 現在のURLを消去済みにする(410エラーを返す)。(gone)
P 強制的に置換対象部を内部的にプロキシリクエストとみなし、その場でプロキシモジュールを通して出力する。(proxy)
L ここでURL書き換え処理を中止し、それ以降の書き換えはしないようにする。(last)
N URL書き換え処理を、最初の書き換えルールから再度実行する。
その際マッチングされるURLは当初のURLではなく、最後に書き換えられた URLとなる。永久ループを作らないように留意する。(next)
C

現在のルールを次のルールにチェインする。なお次のルールも、後続のルールなどにチェインすることもできる。詳細はRewriteRuleで用いる「Cフラグ」についてを参照(chained)

【例】
RewriteCondは直後のRewriteRuleしか適用されないが、Cフラグを指定することで、次のRewriteRuleにも適用することができる
RewriteEngine on
RewriteCond 対象文字列 条件パターン [○○]
RewriteRule パターン 置換対象 [C]
RewriteRule パターン 置換対象 [C]
RewriteRule パターン 置換対象
※一つ目のRewriteRuleでパターンマッチすれば次のRewriteRuleに処理が移るが、一つ目でパターンマッチしなければそこで処理は終了する(2つ目のRewriteRuleは処理されない)

T=MIME-type ターゲットファイルのMIMEタイプを強制的にMIME-typeにする。(type)
NS 現在のリクエストが内部のサブリクエストである場合に、書き換えエンジンが書き換えルールをスキップするようにする。(no sub-request)
NC

大文字小文字の区別をせずにパターンマッチを行う。(no case)

【例】
RewriteRule ^([-0-9a-zA-Z]*)\.html /abc/$1.html
   ↓ NCフラグを用いるとこのようにできる
RewriteRule ^([-0-9a-z]*)\.html /abc/$1.html [NC]

QSA 置換文字列の中でマッチしたものを書き換えるのではなく、そこにクエリー文字列部分を追加するようにする。
書き換えルールを通してクエリー文字列に何かデータを追加したい場合に使用する。(query string append)
NE mod_rewriteが書き換え結果に対して通常行うURLエスケープルールを適用しないようにする。
通常、特殊文字(%、$、;など)は16進数の文字列にエスケープ処理される()が、このフラグを使用することでエスケープ処理を抑制することができる。
これにより、出力の中にパーセント文字を使うことができる。(no URI escaping of output)

【例】「% → %25」「$ → %24」「; → %3B」「= → %3d」となるのを抑制する
PT

内部のrequest_rec構造体のURIフィールドにfilenameフィールドの値をセットする。
その後、URIからファイル名への変換処理を行なうAlias、ScriptAlias、Redirectといったディレクティブを設定する。
PTフラグをつけた場合、Lフラグも指定したと見なされる。(pass through to next handler)

【備考】「.htaccess」や「<Directory>セクション」での設定では、デフォルトで有効になっている

S=数字 現在のルールがマッチしたら、次の数字番目のルールをスキップする。(skip next rule)
E=VAR:VAL VARという名前の環境変数の値をVALにする。
VALには、正規表現の後方参照として展開される$Nと%Nを書くことができる。
このフラグを複数使って、複数の変数を定義することもできる。
この変数は多くの場合、通常後からXSSI( を通して)またはCGI(たとえば $ENV{'VAR'})のように参照される。
さらに、RewriteCondパターン %{ENV:VAR}を通して参照することもできる。
これを使ってURLからの情報を切り取って記憶する。(set environment variable)

上記フラグは、RewriteRuleの第3引数で指定します。

RewriteRule パターン 置換対象 [○○]

複数のフラグを指定する場合はカンマで区切ります。 [R,L]など

コメント

1:コピーブランド販売:2018/05/16 16:14:26

ブランド偽物(コピー商品)激安市場

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ルイ.ヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、クロエ、ブラダ、ブルガリ ドルチェ&ガッバ―ナ、バレンシアガ、ボッテガ.ヴェネタ偽物(コピー商品)のブランドのバッグ、財布の販売、通販。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
○各種のブランド偽物(コピー商品)の指輪.ネックレス
○各種のブランド偽物(コピー商品)のベルト
○各種のブランド偽物(コピー商品)のマフラー
○ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
○ S品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
○必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております.
○ 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です.
○ 絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します.

人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。全て激安特価でご提供.お願いします。
コピーブランド販売 http://www.nawane111.com

コメントフォーム
お名前
コメント