【WordPress】すべての記事の単語やURLを一括置換する方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: WordPress

WordPressのすべての記事の単語やURLを一括置換する方法を説明しています。

URLを変更した場合や、商品名の変更などがあった場合に参考にしてください。

「Search Regex」を使えば一撃です

phpMyAdminを使えばコマンドで一括置換が可能ですが、操作になれていない方にとっては不安と手間が重なるので、「Search Regex」というプラグインを使うとよいです。

「Search Regex」のインストール

では、「Search Regex」をWordPressにインストールしましょう。

お使いのWordPressにログインし、左サイドバーにある「プラグイン」→「新規追加」にいき、右上にある「プラグインの検索」に「Search Regex」と入力してください。

このようなアイコンを持つプラグインが表示されるので、インストールを完了させ、「有効化」させてください。

一括置換の設定

「Search Regex」のインストールと有効化が終われば、WordPress管理画面の「ツール」→「Search Regex」にいきます。

そして次のように設定して「Replace」を押してください(この段階ではまだ置換は保存されないので、不安にならなくて大丈夫です)。

なお、下の画像の設定は、WordPressサイトのURLを常時SSL化(URLの先頭を「http」ではなく「https」にして暗号化通信を行いセキュリティを高める)をしたときのものです。

  • Source:記事中の単語やURLを置換したいので「Post content」を選択する
  • Search patterm:置換したい単語やURLを指定
  • Replace pattern:置き換えたい単語やURLを指定

その他の設定は特に触らなくてよいです。

一括置換の確認

「Replace」をクリックすると、次のように置換対象と置換後のものを全て一覧で確認できます。

薄緑の塗りつぶし部分が置換前の文章、薄茶色の塗りつぶし部分が置換後の文章で、赤で塗りつぶされているところが置換部分です。

置換を保存すると、バックアップを使わないと元に戻せないので、入念におかしなところがないか確認してください。

確認ポイント

置換を行う前の確認ポイントですが、次のようなことに注意してください。

  • 単語の場合:前後の文章が成り立っているか?文脈上おかしくないか?
  • URLの場合:URLとして記述がおかしくないか?404エラーとならないURL?

一括置換の実行

置換前と置換後をじっくり見て、間違いないと思ったら、「Replace&Save」で置換を実行してください。

※「Replace&Save」を行えば、バックアップを使わない限り、元に戻せません。

これで、WordPressの記事中にある単語やURLを一括置換できます。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント