HP PhotoSmart 5521の互換インクを買ってみました

公開日:
更新日:
カテゴリー: 生活

自宅のプリンタとしてHP PhotoSmart 5521を使っているのですが、HPの純正インクはかなり高くなんだかな~と感じていたのですが、互換インクがあることを知り、物は試しにということで買ってみました。

HP PhotoSmart 5521

3年ほど前に追加の年賀状を印刷しようとプリンタを稼働させたところ、ジャストタイミングで壊れてしまい、あたふたしながら近所の家電量販店で購入したのがこのHP PhotoSmart 5521です。

  • 購入日:2015年1月2日
  • 価格:4,580円
  • 保証期間:購入日より1年間
  • 現金で購入

急遽必要だったので値段が安く頑丈そうだったので購入したのですが、使用年数が増えるにつれインク代の高さがネックになりました。

純正インクは高い!

HP(ヒューレットパッカード)は

プリンタそのものは安く販売し、純正インクの販売で儲けている

と以前友人に聞いて「へぇ~そうなんだ(使ってないから興味なし」と聞き流したのですが、使っているうちにそのウンチクの意味が分かってきました。

HP PhotoSmart 5521のインクの型番は「HP178」なのですが、Amazonにて「HP178 4色マルチパック 純正インクカートリッジ 」を購入しようとすると、現在、3,400円もかかります。

自分の感覚的に、インクのくせしてプリンタ本体の価格と肉薄するとかどんだけぇ~と感じてしまいます。

互換インクが安い!

これまで4回ほど純正のインクカートリッジを購入してきたのですが、互換インクなるものを発見し、今回HP178 XL 4色セット 互換インクカートリッジを購入してみることにしました。

ポイントとしては、

  • ICチップがついており、HP PhotoSmart 5521で使える
  • インクの残量表示も可能
  • 500円という破格にもかかわらず送料無料

純正のインクと比較して約7分の1の500円なので、悪かろう安かろうでも試してみる価値はあるなと感じてポチって見ました。

互換インク使ってみました

AmazonでHP PhotoSmart 5521の互換インクをポチってから本日、自宅に届いたのでさっそくプリンタに入れて使ってみました。

安かろう、悪かろうを覚悟してましたが、普通に使えました!

純正インクと比較してみて

互換インクで印刷した用紙と純正インクを使った用紙を比較してみたのですが、自分の感覚では違いがわかりませんでした(基本、美的センスがなく鈍感な性質ですw)。

試しに、今年の年賀状の書き損じに印刷してみてもまったく問題なかったので、来年用の年賀状でも問題なくしようできることがわかりました。

普通にあり

今回、HP PhotoSmart 5521の互換インクを購入してみましたが、普通にありです。

純正インクと比較してかなり安価の上、自分の通常使用(A4用紙への印刷&年賀状作成)ではまったく問題ありません。

本来であればHPさんの純正品を使うのが筋ですが、貧乏なので今後は互換インクを使っていこうと思います。

 

あわせて読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント