看板を見つけるだけのスキマビジネスの正体がわかったかも!?

公開日:
更新日:
カテゴリー: 生活

暇なときにココナラというサイトを使ってお小遣い稼ぎを行っているのですが、仕事をこなしたときにもらった1,000円クーポンの期限が迫っていたので何かいい商品がないか探していたところ、このようなものを発見しました。

あなたの街にもある「アレ」がお金に変わります
全国どこにでもある表示を見つけて報告する副業で月数十万?

わたくし、お金が大好きなので全国どこにでもある「アレ」が何なのか猛烈に知りたくなり、

3000円高いお・・・でも気になるお!買うお!

と「購入画面に進む」ボタンを押して危うく2000円を手だしして買うところでした。しかし、

月に数十万稼げる方法を3千円で売るかお?怪しいお!

とリサーチすることにしました。

スキマビジネス

小学校一のググりの神様といわれたほど検索が得意な私は(大嘘)、Googleを駆使して情報収集しました。

しかし、出品者もそこはプロ、こちらの商品出品ページにはこれといって手掛かりとなる情報は見当たりませんでした。

そこで何となく出品ページのURLを検索したところ、対象ページのスマホ用ページのキャッシャ(古い情報)が残っており、「あれ」が何なのかが判明しました。

【検索結果のキャプチャ】

あなたの街にもある「看板」がお金に変わります

 

看板!?

看板を見つけるだけで月数十万稼げるとかすごいお!始めるお!

何の看板を探せばいいのか気になったので、またまたググりの神様の異名を持つ私は(大嘘2回目)検索を開始しました。

  • 副業 看板 発見
  • ビジネス 看板 見つける

などのキーワードで検索をかけたところ、出るわ出るわ怪しげなサイトが

しかしそこにもたくさんのヒントが隠されていました。共通するキーワードは「スキマビジネス」という言葉でした。

A-32? S特別号S-1?

怪しげなサイトには共通して「スキマビジネス」という言葉出てきたのですが、近くには

  • A-32
  • S特別号S-1

なる言葉があり、それらの言葉で検索をかけると総本山のサイトを発見できました。

スキマビジネスに関する情報を販売

その総本山のサイトを熟読したところ、どうやら数多くの「スキマビジネス」を扱っており、その内容・情報を販売するスタイルのようでした。

当の「看板を見つけるスキマビジネス」の情報提供料を調べたところ1万円となっていました。

あれ?ココナラより3倍以上高いw

全貌が明らかに!?

「看板」を見つけるスキマビジネスであることは分かったのですが、どのサイトも「A-32」「S特別号S-1」とぼかしており

  • 何の看板を発見するのか?
  • 発見した場合どうすればいいのか?

などの詳細は書かれておらず、結局わからずじまいでした。

2chで調べればわかるかも?

基本的に私は2ch脳に侵されているので、

2chには何でも情報あるお!2chのゴミどもは何でも知ってるお!

と考えて「スキマビジネス 看板 2ch」というキーワードで検索したところ、2005年(今から12年も前)のスレに答えが書かれていました。

これってバス停なんかにある商店街の広告看板のことだろ? 看板を作るからって商店回って広告料貰い、1万円くらいで看板作って バス停や銀行駐車場のフェンスなど人通りの多い所に無断で設置する。 また、そういう看板見つけて掲載されてる商店に行って 「看板が古くなったので作り直しますから」とか言って広告料を貰い 新しいのを設置する。


バッチシ、看板を見つけるスキマビジネスの内容が暴露されていますね。

看板を作りなおす営業活動

結局、看板を見つけるだけのスキマビジネスは、

  1. 自分が住んでいる地域を探し回り、古くなった看板を探す
  2. 看板を作る業者に報告する

こんな感じだと思います。

ただし、「古い看板を見つけて報告するだけでお金がもらえる・・・」世の中そんなに甘くないので、おそらく

  1. 古い看板を探す
  2. その看板に記載されているお店に看板の作り直しを提案する(営業する)
  3. 店主に了承を得られたら看板製作業者に報告する
  4. 紹介料として業者からお金をもらう

という感じで、営業活動も行う必要があると思われます。そうじゃないと、

  1. 古い看板見つける
  2. 業者に報告する
  3. 業者からお金もらう
  4. 業者が看板の作り直しを提案するも店主に拒否される
  5. 業者損する
みたいなパターンになると、業者潰れてしまいますからね。

割りに合わないかも!?

古い看板見つけるだけだったら割と簡単ですが、営業活動もしなきゃならないと考えると、このスキマビジネスは割りに合わない気がします。

  1. 古い看板を探す手間と時間
  2. 店主に看板の作り直しを提案・了承させるコミュニケーション力
  3. 依頼できる看板製作業者を探して調整する力

などなど、もうやっていることは看板製作業者の営業部隊なので、それを非正規でやっている分損な気がします。

まぁ、コミュ力に自信があって仕事が休みな日に何かしたい人には向いてるかもしれません。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント