【javascript】オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する

公開日:
更新日:
カテゴリー: javascript

javascriptのオブジェクト(連想配列)の要素数を取得する方法を説明しています。

 Objectの「keys」メソッド

配列の要素数は「配列.length」で取得可能ですが、オブジェクト(連想配列)では「オブジェクト.length」では取得できません(「null」が返される)。

オブジェクトの場合、Objectの「keys」メソッドを使用すれば要素数を取得できるようになります。

Object.keys(ここにオブジェクト);

「keys」メソッドは、引数に指定されたオブジェクトで直接発見された列挙可能なプロパティに対応する文字列を要素とする配列を返します。

そのため次のようにすれば、オブジェクトの要素数を取得できます。

Object.keys(ここにオブジェクト).length;

オブジェクトの要素数を取得するサンプルスクリプト

すなわち、

//オブジェクトの作成
var object_fruit = {a:"apple", b:"orenge", c:"banana", d:"cherry"};
//オブジェクトの要素数をカウント
var object_fruit_cnt = Object.keys(object_fruit).length;

のようにすれば、オブジェクトの要素数を取得できます。

なお、上の場合、要素数は「4」となります。

 

頑張って書いたのでちょろっと読んでほしい!

 

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント