スポンサードリンク

【GoogleAnalytics】カスタム変数の設定方法

公開日:
更新日:
カテゴリー: GoogleAnalytics

GoogleAnalyticsの便利な追加機能に「カスタム変数」と「ユーザー定義」があります。

ここでは「カスタム変数」についてまとめています。

スポンサードリンク

カスタム変数について

GooleAnalyticsではサイトにアクセスしてきたユーザーの各情報をGoogleAnalyticsサーバーに送信しています。

カスタム変数を用いると、その送信に付随して任意(IPアドレスやユーザーえージャントなど)の情報をサーバーに送信できます(通常データとともに送信できる)。

さまざまな条件(特定のユーザー、特定の訪問、特定のページなど)に応じて使用すればかなり便利な機能です。

無料版では5個、有料版では50個の変数を定義できます。詳細はこちら

カスタム変数のコード

カスタム変数を利用する場合、「_setCustomVarメソッド」をトラッキングコード中で使用します。

<script type="text/javascript">
  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-*******-**']);
  _setCustomVar(number, 'key', 'value', scope);
  _gaq.push(['_trackPageview']);
  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-<br /><br />analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();
</script>

【アテンション】

カスタム変数のコードは、必ず「_gaq.push(['_setAccount', 'UA-*******-**']);」と「_gaq.push(['_trackPageview']);」の間にセットするようにしてください。

指定する項目に関しては以下を参照して下さい。

_setCustomVar(number, 'key', 'value', scope);
項目名 必須 or 任意 値の範囲
number 必須 変数を区別する数値。
無料版だと5つまでなので、1から5までの数値を指定する。
key 必須 カスタム変数の名前を表す文字列。
カスタム変数レポートのトップレベルで表示される。
日本字・英字どちらとも可だが英字が好ましい。128文字まで
value 必須 カスタム変数の値を表す文字列。
例えば、「key」に「会員種別」を設定した場合、「value」には条件に応じて「通常会員」や「お試し会員」、「プラチナ会員」などの値を指定する、といった使い方がある。
日本字・英字どちらとも可だが英字が好ましい。128文字まで
scope 任意 変数の利用用途を表す。
1から3の数字のいずれかを割り当てる。
1:ユーザーレベル
2:セッションレベル
3:ページレベル
の意味があり、指定しない場合は3となる。

scopeのレベルについて

カスタム変数の4つ目の項目に「scope」があり、1~3のレベルを付けられますが、以下を参考に選択してください。

  1. ユーザーレベル:会員の種類などの固定情報を取得したい場合
  2. セッションレベル:訪問時間や訪問傾向などを取得したい場合
  3. ページレベル:閲覧したページなどを取得したい場合

どれを選べばいいかわからないときは1のユーザーレベルを設定しておくと良いと思います。

カスタム変数データの参照

取得したカスタム変数のデータは、GoogleAnalyticsにログイン後

ユーザー→カスタム→カスタム変数

で参照できます。

カスタム変数の使用例

カスタム変数の使用例として、GoogleAnalyticsでIPアドレスを取得する方法を見てください。

コメント

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント